ゲーマーズ!4 亜玖璃と無自覚クリティカル


『ゲーマーズ!4 亜玖璃と無自覚クリティカル』(葵せきな著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

ゲーマーズ! (4) 亜玖璃と無自覚クリティカル (ファンタジア文庫)
ゲーマーズ! (4) 亜玖璃と無自覚クリティカル (ファンタジア文庫)

前巻の感想はこちらから


2016年3月刊。
話が進むほどに盛り上がって面白くなる勘違い系ラブコメ第4弾。
混線しまくり大混戦の様相を呈してきました。これはニヤニヤする!

☆あらすじ☆
星ノ守千秋の「本当の初恋」によって錯綜ラブコメは急展開へ!?
星ノ守千秋にとって家族以上に大切なネットの恩人――《ヤマさん》。彼の正体が宿敵、雨野だと気づいた千秋は心ここにあらずで……「ぬーん……ぬーん……うぬーーーん」「お姉ちゃん、その悶え方、全然可愛くない」

以下、ネタバレありの感想です。

 

千秋が本当の初恋をしたことによって、雨野を中心にこんがらがっていたラブコメは更に大混乱。
雨野の無自覚天然タラシが留まることをしらなくて戦々恐々です。ほんとに恐ろしい子・・・・・・!

 

その一方で、花憐とは所構わず人目も憚らずラブラブバカップルをするわけだから罪深い。
あの二人の会話にめっちゃニヤニヤしてしまいます。でも千秋は複雑だよなぁ。

 

千秋は千秋で結局正体を隠してしまって、どうするんだろう?
ここで妹にフラグが立ったらそれはそれで面白かったのかもしれませんが、雨野の無駄なカンの良さが発揮されていました。むーん残念w

 

そんな感じで雨野とヒロインたちの誤解誤解誤解が楽しい4巻だったのですが、颯爽と好感度をさらっていったのは亜玖璃だったという。
ファミレスでサリナにやり返したシーンはめちゃくちゃスカッとしました。格好いい!
というか、今回で亜玖璃のヒロイン力がすごいことになったような。雨野とも一番ウマが合っている気が。あれ、上原くん・・・・・・?

 

上原くんの方も千秋絡みで混線してるけれど、なんか微妙に不憫なポジションなんですよね・・・・・・彼は良い人なのに損な役回りだよなぁ。
思っていることを口に出さないから誤解が誤解を生むんだよ! と突っ込んでいたのに、思っていたことを口に出してしまったがために新たな誤解を生んだ上原くん。すれ違いの神は残酷だ。

 

ラストのんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん!?!?!?!?!?!?!?!?はめちゃくちゃ笑いましたww
5巻も期待!

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。