月の魔法は恋を紡ぐ3 過保護な愛は波乱の予感!


『月の魔法は恋を紡ぐ 〜過保護な愛は波乱の予感!〜』(富樫聖夜著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

月の魔法は恋を紡ぐ ~過保護な愛は波乱の予感!~ (ビーズログ文庫)
月の魔法は恋を紡ぐ ~過保護な愛は波乱の予感!~ (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年3月刊。
起承転結でいう「転」の回ということで、色々と話が大きく動きました。
次巻が「結」ということはラストになるのかな。話のスケール的に丁度良い感じ。
しかしこの王子さまは絵面だけみると本当に犯罪的ですよね。

☆あらすじ☆
たとえ相手が王子でも、ロリコンなのは許せない――!? 大騒動の第3弾!
事情があったとはいえ、幼児性愛病者(ロリコン)疑惑のある王子エーヴェルトに、公衆の面前でキスをされたリーフィア(子供ver.)。その噂を聞きつけて、兄のリードが城にやってくる! 妹を溺愛する彼はなんと、エーヴェルトに決闘を申し込み……!? 一方、リーフィアを執拗に狙う魔法使いアーネル=エフィロットの真の目的を探るため、エーヴェルトは曾祖母に話を聞きにいくが!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

前巻ラスト的に、エーヴェルトのロリコン疑惑確定がくるかと期待していたのですが、意外にもそこまでない・・・・・・?
これも人望なんですかねー。
10歳の女児を常に抱きかかえて顔をのぞき込んでいる成人男性、っていう絵面はなかなかアウトだと思うのですが。だからなぜ抱きかかえる??

 

それはさておき、今回はリーフィアの家族が登場。
まずは本物のフィラン
10歳にしては幼すぎるような気がしますが、人見知りの末っ子ならこんなものかな?
フィランとの対面シーンでエーヴェルトが即行で抱きかかえに行っていて吹き出しましたw だからなぜ抱きかかえる!

 

そして長兄リード
リーフィアの引きこもり時代にこれでようやく決着がついた気がします。
家族愛あればこそな歪な兄妹関係でしたが、外からの目を取り入れてようやく正常に戻れてほっとしました。

 

リード絡みではエーヴェルトがちょっと格好良かったです。
あまりキャラが濃いヒーローではないので、こういう見せるところで見せてくれると安心するというか。ただ、今回は見せ場ここまでなんですが。

 

後半からは三度ロリコン魔法使いのターン。
アーネル=アフィロッットの正体と目的が色々と明らかになってきました。
ただのロリコンじゃなかった・・・・・・というか、そもそもロリコンじゃなかった??
先々代王妃と先代長も参戦したことで役者が揃ったようですし、いよいよ最終決戦のときがくるのでしょう。

 

次巻が「結」ということはシリーズも完結なのかな。
話のスケール的には4部作で丁度良いのかもしれませんね。テンポもとても良いですし。

4巻を楽しみに待っていようと思います(*゚▽゚)ノ

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。