うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。3


『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。3』(CHIROLU著/HJ NOVELS)★★★☆☆

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。3 (HJ NOVELS)
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。3 (HJ NOVELS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年2月刊。
前半は旅の復路を描きつつ、後半からは新展開。
嵐の前の静けさを感じる第3巻でした。タイトル回収の予感!

☆あらすじ☆
養い子である訳有り魔族少女ラティナを連れた長旅を終え、活動拠点であるクロイツへと戻ってきた凄腕冒険者の青年デイル。ケニスやリタをはじめ、笑顔で出迎えてくれた面々にお土産を渡すラティナの姿にほっこりしたのも束の間、デイルにとって浅からぬ縁を持つ美女ヘルミネが『踊る虎猫亭』を訪れたことにより、ラティナの様子にも明確な変化が現れて――

以下、ネタバレありの感想です。

 

ラティナ可愛すぎて心が洗われるシリーズ第3弾。
前半は、前回の旅の復路であった出来事を回想という形で描いていきます。
復路も相変わらずのデイルの親バカっぷりがちらちらしてて笑いましたw

 

回想を挟む一方、今後の展開を予感させる伏線もちらほら。

 

まずは薔薇姫ローゼの登場。
そして、彼女を通じて物語の表舞台に顔をだしてきた「魔王」。
ラティナの母親らしき人物の登場といい、タイトルが頭によぎる意味深な展開です。
このまま勇者と魔王というオーソドックスなファンタジーとなるのか、それとも、愛娘を魔の手から守るために障害を吹き飛ばす親バカの話になるのか・・・・・・後者ですね間違いない。

 

あとはデイルの過去にふかーい因縁があるヘルミネとラティナのご対面。
まぁ昔の話みたいだし、ライバル展開にはならないのかな?それはそれで面白そうなのにw

 

そして後半から物語は新展開へ。

 

ラティナがお年頃に・・・・・・!!!!

 

14歳はもうロリじゃないよなぁ。ちゃんと恋ができる年齢だよなぁ。

というわけで、ついにラティナとデイルの関係に変化の時がやってきた様子。
おばかのデイルは反抗期だとかほざいていましたが、どう考えても思春期でしょ。ニヤニヤさせられました(´∀`*)

 

疑似親子な二人の関係性もすごく素敵だったので、これが壊れてしまうのは少し寂しい気持ちもありますが、変化に怯えながらも勇気を出して一歩踏み出したラティナの恋を応援したい。
親子であることに思考停止しているデイルには現実を受け止めてもらわなければ。

 

良い形で次巻につながりました。
4巻がとても楽しみです!

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。