イレギュラーズ・リベリオン3 偽りの姫君


『イレギュラーズ・リベリオン 3.偽りの姫君』(尾地雫著/GA文庫)★★★☆☆

イレギュラーズ・リベリオン 3.偽りの姫君 (GA文庫)
イレギュラーズ・リベリオン 3.偽りの姫君 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年3月刊。
最強部隊の再結成とか物語的に美味しすぎる。
今回も面白かったです。
なかなか気になる引き方をしたので次巻が楽しみ!

☆あらすじ☆
聖騎武祭を目前に控えた第29部隊は、帝都に向かう海路上の中継都市、ジェノバに到着していた。合同訓練のために他校の騎士学院を訪れたはずだったのだが――
「ここは楽園やぁぁぁぁぁぁぁ!!」
海に歓楽街にお祭りと浮かれ気味のハンティスたち。しかし、賑わう港町で今は亡きかつての戦友の名、『リース=リガルジェント』を名乗る少年と邂逅する。そして、その少年との出会いは、過去の因縁に連なる新たな事件の始まりに過ぎないのだった……。かつての最強部隊が揃い、悪しき因果を打ち破る。王道バトルファンタジー第三弾!
「第00部隊、一時再結成だ」

以下、ネタバレありの感想です。

 

今回の舞台は海辺の街ジェノバ。
開放的な空気が新鮮でした。
海水浴といいい歓楽街といい、なんだか修学旅行みたいな雰囲気が楽しかったです(´∀`*)

 

そんな街でハンティスたちが出会ったのは、今は亡き仲間と同じ名前を名乗る少年。
リース改めレミアの登場によってハンティスの女性関係が更に賑やかになる一方、またも不穏な事件が起こり・・・・・・というのが第3巻の大まかなストーリーでした。

 

すでに本命は確定しているのにハーレム拡大するのか!サヤが目立ってないぞ!サヤを出せ!!

 

浴衣デートとかニヤニヤするわーと思っていたのにダブルトリプルにブッキングするとか、さすがハンティス。ヘタレすぎてヒロインを捌ききれていないじゃないですかーw
そういう残念なところをヂャンクに指摘されているのにも笑いましたw
まぁ経験値不足は仕方ないよなー。ムスに差を付けられたことを僻む前に、彼を見習いなさいって思ったり。

 

そんなラブコメ多めな3巻でしたが、後半からはシリアスなバトル展開へ。

 

第00部隊の再結成とか熱すぎる。
リースの喪失感をほんのり混ぜつつ、かつての仲間と息の合った共闘を披露してくれて凄くテンションがあがりました。
本格的に再結成してくれてもいいんだけどなー。最強部隊の圧倒的火力は爽快だったので。
まぁ落ちこぼれ部隊が必死に頑張るところも好きなんですけどね。

 

さて、ラストは気になる引き。
次で完結ということなので、いよいよ最終決戦に入るんですね。
最終巻も楽しみです!(*゚▽゚)ノ

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。