血翼王亡命譚1 祈刀のアルナ

『血翼王亡命譚Ⅰ 祈刀のアルナ』(新八角著/電撃文庫)★★★☆☆

血翼王亡命譚 (1) ―祈刀のアルナ― (電撃文庫)
血翼王亡命譚 (1) ―祈刀のアルナ― (電撃文庫)

2016年3月刊。
第22回電撃小説大賞「銀賞」受賞作。
とても凝っていて読み応えのあるハイファンタジーでした。
キャラクターは魅力的だし、王女と護衛の逃亡劇ってところもすごく好み。
物語の中に設定を自然に溶け込ませながら説明していくところには技量を感じたし、奥行きのある幻想的な世界観は素晴らしかったと思います。
ストーリーは消化不良気味に感じる部分もありましたが、まだ1巻ですしね。続くならアリかな。
そんな感じですごく良い作品だったのですが、結末が・・・・・・

☆あらすじ☆
“私は駄目な王女だからね。自分のために命を使いたいの”耀天祭の終わり、赤燕の国の第一王女が失踪した―。だが、それは嘘だと俺は知っている。太陽を祀る五日間、彼女は王族の在り方に抗い、その想いを尽くしただけ…。突如国を追われた王女アルナリス、刀を振るうしか能のない幼馴染みの護衛ユウファ、猫の血を秘めた放浪娘イルナに人語を解する燕のスゥと軍犬のベオル。森と獣に彩られた「赤燕の国」を、奇妙な顔ぶれで旅することになった一行。予期せぬ策謀と逃走の果て、国を揺るがす真実を目にした時、彼らが胸に宿した祈りとは―。これは歴史の影に消えた、儚き恋の亡命譚。第22回電撃小説大賞“銀賞”受賞作!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 血翼王亡命譚1 祈刀のアルナ