竜に選ばれし者イオン 上・下

『竜に選ばれし者イオン(上・下)』(アリソン・グッドマン著/佐田千織訳/ハヤカワ文庫FT)★★★☆☆

竜に選ばれし者イオン(上) (ハヤカワ文庫FT)
竜に選ばれし者イオン(上) (ハヤカワ文庫FT)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年1月刊。
アジア風な世界を舞台に、竜に選ばれた少女の試練を描くドラゴンファンタジー。
ちょっとエンジンかかるまでに時間がかかりましたが、性別という大きな秘密を抱えた少女の葛藤を描きつつ、竜の力を手に入れた人々の思惑が渦巻く権力闘争の物語としても読み応えがありました。
ただ、訳文のせいか原文のせいか、作中の描写が分かりづらい部分があったのは残念。
2部作の第1弾ということですが、下巻まで読んでもかなり中途半端なところで終わっています。3月に刊行される第2弾が待ち遠しい。

☆あらすじ☆
十二頭の竜の力によって守られる国で、竜に選ばれた者は〈竜眼卿〉となり、皇帝に次ぐ高い地位が与えられる。竜に選ばれるべく厳しい修行を積んでいた男装の少女イオンは、長らく姿を消していた幻の竜に選ばれ、権謀術数渦巻く宮城へとその身を投じることになる……。華麗なる中華風ファンタジイ二部作第一弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 竜に選ばれし者イオン 上・下