精霊幻想記3 決別の鎮魂歌

『精霊幻想記 3.決別の鎮魂歌』(北山結莉著/HJ文庫)★★★☆☆

精霊幻想記 3.決別の鎮魂歌 (HJ文庫)
精霊幻想記 3.決別の鎮魂歌 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年3月刊。
リオのルーツ探しの旅もこれで一段落かな?
今回は和風ファンタジー感が強くて新鮮でした。
なかなか気になる引きをしたので次巻からの展開が気になるところ。

☆あらすじ☆
精霊の里の民たちとの充実した生活に別れを告げ、遂に当初の目的であった両親の故郷ヤグモに辿りついたリオ。ほどなく彼は小さな村カラスキで、父方の祖母であるユバと従姉のルリと邂逅を果たす。その後、時が来るまでは明かせないという両親の過去を知るため、リオはしばらく村に逗留し、ついでにお世話になる村の生活水準向上を図ることに!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 精霊幻想記3 決別の鎮魂歌