チョコレート・コンフュージョン


『チョコレート・コンフュージョン』(星奏なつめ著/メディアワークス文庫)★★★★☆

チョコレート・コンフュージョン (メディアワークス文庫)
チョコレート・コンフュージョン (メディアワークス文庫)

2016年2月刊。
第22回電撃小説大賞「メディアワークス文庫賞」受賞作。
あっまぁーーーーーーーーぁい!!
バレンタインに起こった悲劇で喜劇なハプニングから始まるラブコメディ。
誤解と誤解が重なってお付き合いすることになったイイ年した大人のふたりが、真面目にコミカルに中学生みたいな恋を育んでいく物語です。
可愛すぎて萌え死ぬかと思いました。アラフォーコミュ障強面男にこんなにきゅんきゅんさせられるとは・・・・・・!

☆あらすじ☆
がんばり過ぎて、疲れた時に。笑えて泣けるラブコメ小説!
バレンタインすら残業の、仕事に疲れたOL千紗。お気に入りのヒールが折れ、まさに泣きっ面に蜂。そんな千紗を救ったのは、理想の王子様――ではなく、凶悪な目つきから社内で「殺し屋」と恐れられる龍生だった。千紗はお礼のつもりで義理チョコを渡すが、勘違いした龍生に交際を申し込まれてしまう。
「断ったら殺される!?」
命の危険を感じた千紗は、偽の恋人になることに。だけど強面の龍生が提案してきたのは、なぜか交換日記で!?
凶悪面の純情リーマン×がんばり過ぎなOLの、涙と笑いの激甘ラブコメ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

あまりにも鋭すぎる眼光の凶悪面を誤解され、人とコミュニケーションをとるのが苦手になってしまった北風龍生
美人でちょっと頑張りすぎなくらい仕事ができるものの、過去のトラウマのせいで恋愛と縁がなかった三春千紗

 

千紗が誤って愛のメッセージ入りチョコを龍生に渡したことで、誤解した龍生の勢いに押される形でスタートした龍生と千紗のお付き合い。
物語は両者の視点を交錯させながら、初めての恋人に浮かれる龍生とそんな龍生に怯えまくる千紗の姿をコミカルに描いていきます。

 

まずは交換日記から!!
という展開に大爆笑でした。
メールやLINEで即時的なコミュニケーションがとれるこの時代に、アラフォー&アラサーというイイ年した世代のふたりが、こんなにもアナログな手段でコミュニケーションをとらなければならないというのが絶妙すぎてツボなんです。

デートのお誘いを断ろうにも、返事を書いた日記を渡す前に約束の日がやってくるから仕方なく強制参加、なんて現代の常識的にありえないような事態も交換日記な二人だから起こってしまう。
だけどそういう不便な連絡手段しかもたない二人だから、お互いに対する誤解を解く時間を手に入れることができたんですよね。可愛いなぁもう!

 

最初は互いに誤解があった龍生と千紗。

龍生は社内で唯一笑いかけてくれる千紗のことを元から誤解していた上に、彼女の及び腰な態度を奥ゆかしい女性だと重ねて誤解。
千紗は、龍生の黒い噂を頭から信じ込んでいて(あんな噂を信じるとかナイわと思ったけど)、そのために挙動不審な龍生の態度を全て悪い方向に誤解してドン引き。

そんな誤解と誤解がコンフュージョンした二人が、交換日記とぎこちないデートを重ねるなかで少しずつ互いを知っていくのです。

千紗は強がりをやめて素の感情を龍生にぶつけ、龍生は初めて家族以外の存在に自分を知ってもらおうと頑張って。

オトナの恋って、こんなに不器用で拙くて、ひたむきなものでしたっけ?
それとも、こんなピュアな恋愛をオトナがしているから、叫び出したいくらいに心が震えてしまうのか。

 

夢見るポエミーな乙女回路をもった千紗も(子猫への語りかけが痛可愛いw)、見当違いの方向に迷走しながらも全力疾走な龍生も、どちらも頑張れ頑張れって応援したくなるんですよね。
まだ諦めちゃダメ!って背中を押してあげたくなる龍生と千紗の恋は、ニヨニヨしてハラハラして、そしてちょっと泣けてきて。
特にお母さんの件は良い話すぎる。こういうのズルイですよー(´;ω;`)

 

社会人として悩みも疲れもたくさん抱えているけれど、恋に励まされるから明日もまた頑張れる。
そんな素敵な恋愛小説でした。すごく元気が出ました(´∀`*)

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。