チョコレート・コンフュージョン

『チョコレート・コンフュージョン』(星奏なつめ著/メディアワークス文庫)★★★★☆

チョコレート・コンフュージョン (メディアワークス文庫)
チョコレート・コンフュージョン (メディアワークス文庫)

2016年2月刊。
第22回電撃小説大賞「メディアワークス文庫賞」受賞作。
あっまぁーーーーーーーーぁい!!
バレンタインに起こった悲劇で喜劇なハプニングから始まるラブコメディ。
誤解と誤解が重なってお付き合いすることになったイイ年した大人のふたりが、真面目にコミカルに中学生みたいな恋を育んでいく物語です。
可愛すぎて萌え死ぬかと思いました。アラフォーコミュ障強面男にこんなにきゅんきゅんさせられるとは・・・・・・!

☆あらすじ☆
がんばり過ぎて、疲れた時に。笑えて泣けるラブコメ小説!
バレンタインすら残業の、仕事に疲れたOL千紗。お気に入りのヒールが折れ、まさに泣きっ面に蜂。そんな千紗を救ったのは、理想の王子様――ではなく、凶悪な目つきから社内で「殺し屋」と恐れられる龍生だった。千紗はお礼のつもりで義理チョコを渡すが、勘違いした龍生に交際を申し込まれてしまう。
「断ったら殺される!?」
命の危険を感じた千紗は、偽の恋人になることに。だけど強面の龍生が提案してきたのは、なぜか交換日記で!?
凶悪面の純情リーマン×がんばり過ぎなOLの、涙と笑いの激甘ラブコメ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む チョコレート・コンフュージョン

後宮饗華伝 包丁愛づる花嫁の謎多き食譜

『後宮饗華伝 包丁愛づる花嫁の謎多き食譜(レシピ)』(はるおかりの著/集英社コバルト文庫)★★★★☆

後宮饗華伝 包丁愛づる花嫁の謎多き食譜 (コバルト文庫)
後宮饗華伝 包丁愛づる花嫁の謎多き食譜 (コバルト文庫)

前作の感想はこちらから


2016年3月刊。
「後宮詞華伝」の20年後の物語ということで楽しみにしていた続編。期待に違わず面白かったです。
身代わり花嫁となった料理人の少女が、美味しい手料理で皇太子や皇族たちの心を開いていく中華後宮ミステリー。
前作は「書」マニアの夫婦でしたが、今作は一緒に料理を作る可愛いカップルが主人公。
各エピソードは後宮のドロドロ感を煮詰めたようなものでしたが、その都度主人公カップルに癒されるため、その巧みな緩急のつけ方についつい読みふけってしまう作品でした。
しかしこれ、個人的には地雷認定しかねない内容だったり・・・・・・前作を思うと虚ろな気持ちになるので・・・・・・。
面白いので許しますけどね!(何様)

☆あらすじ☆
『後宮詞華伝』と同じ世界観!あれから…20年後の物語―。都で腕利きの料理人として働いていた鈴霞は、ひょんなことから皇太子・圭鷹の正妃に迎えられることになって―!?しかし、圭鷹は妻を愛せない。それどころか、誰のことも…。君王となるために周囲から心を閉ざし、自ら育てた奈落芋だけを口にしている“偏食”皇太子を前に鈴霞は!?始まりは、偽りだらけの政略結婚だった…。身代わり花嫁の美味なる食譜が謎を解く、中華後宮恋物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮饗華伝 包丁愛づる花嫁の謎多き食譜