カフェ・ド・ブラッド 真夜中の眠らない血界


『カフェ・ド・ブラッド 真夜中の眠らない血界』(水城水城著/ファミ通文庫)★★★☆☆

カフェ・ド・ブラッド 魔夜中の眠らない血会 (ファミ通文庫)
カフェ・ド・ブラッド 魔夜中の眠らない血会 (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
吸血鬼がやってくる飲血カフェを舞台にした現代ファンタジー。
カフェものですがほっこり系ではなく、予想以上に血生臭いバトルアクションでした。
吸血鬼ものとしてはちょっと個性が薄い気もしますが、吸血鬼店長の可愛さで満足しましたw

☆あらすじ☆
いらっしゃいませ、吸血鬼さま! ご注文は鮮血ですか?それとも銀の弾丸?
血を提供するカフェ・ノクターン。店主のアナスタシアは美少女だが傲岸不遜な吸血鬼で、訪れる客も癖のある吸血鬼ばかり。そして店主にも客にも振り回される従業員・青井優夜は――人間だった。それでも優夜は、人間と共存を望む吸血鬼達と楽しい夜を過ごしていた。そんなある日。優夜の通う高校で発生した“吸血鬼に襲われる”事件が優夜とアナスタシアの因縁を呼び起こすのだが……。心優しき吸血鬼と歪な願いを抱えた少年が織りなすダークファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

 

紅茶や珈琲の代わりに人間の血液を提供するブラッドカフェ・ノクターン。
人間の高校生・青井優夜は、吸血鬼店長アナスタシアに恩を返すため、「ノクターンの店員」としての顔と「吸血鬼ハンター」としての顔を使い分け、夜な夜な吸血鬼たちと接していくのです。

 

親の仇である吸血鬼を客としてもてなし、アナスタシアの理想に反して人間に害をなすと分かれば抹殺。
この二重生活(?)、精神的に辛くないんだろうかと心配になってしまいました。
そもそもノクターン自体が鬼葬局にとってのネズミ獲りの罠に見えるというか・・・・・・もちろんアナさんの理想は理解出来るのですが、こんなに管理されてしまったら吸血鬼たちはさぞ息苦しいでしょうね。

 

アナさんに代表される「人間の管理を受け入れて共存をはかる吸血鬼」と、霧江に代表される「人間を獲物としかみない吸血鬼」。
人間との共存を目指すアナさんが、その理想を否定する同種を狩っていくということに、なんとも哀しい気持ちになってしまいました。もっとそこらへんの葛藤を描いてくれても良かったかな。

 

道のり困難な理想を目指すアナさんと優夜。
そんな2人のコミカルなラブコメは楽しかったです。ラブコメパートとバトルパートの温度差が結構クセになる感じ。
あと、アナさん、優夜が絡むと情緒不安定すぎて笑うww

 

吸血鬼ものとしては割とオーソドックスな設定の物語でしたが、ラブコメパートと優夜の戦い方はなかなか面白かったです。
一応綺麗に話が終わりましたが、続くのかな?

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。