カフェ・ド・ブラッド 真夜中の眠らない血界

『カフェ・ド・ブラッド 真夜中の眠らない血界』(水城水城著/ファミ通文庫)★★★☆☆

カフェ・ド・ブラッド 魔夜中の眠らない血会 (ファミ通文庫)
カフェ・ド・ブラッド 魔夜中の眠らない血会 (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
吸血鬼がやってくる飲血カフェを舞台にした現代ファンタジー。
カフェものですがほっこり系ではなく、予想以上に血生臭いバトルアクションでした。
吸血鬼ものとしてはちょっと個性が薄い気もしますが、吸血鬼店長の可愛さで満足しましたw

☆あらすじ☆
いらっしゃいませ、吸血鬼さま! ご注文は鮮血ですか?それとも銀の弾丸?
血を提供するカフェ・ノクターン。店主のアナスタシアは美少女だが傲岸不遜な吸血鬼で、訪れる客も癖のある吸血鬼ばかり。そして店主にも客にも振り回される従業員・青井優夜は――人間だった。それでも優夜は、人間と共存を望む吸血鬼達と楽しい夜を過ごしていた。そんなある日。優夜の通う高校で発生した“吸血鬼に襲われる”事件が優夜とアナスタシアの因縁を呼び起こすのだが……。心優しき吸血鬼と歪な願いを抱えた少年が織りなすダークファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む カフェ・ド・ブラッド 真夜中の眠らない血界

公爵夫人は銀灯師 おしどり夫婦の愛は王宮を救・・・う?

『公爵夫人は銀灯師 おしどり夫婦の愛は王宮を救・・・う?』(白川紺子著/集英社コバルト文庫)★★★☆☆

公爵夫人は銀灯師 おしどり夫婦の愛は王宮を救…う? (コバルト文庫 し 17-9)
公爵夫人は銀灯師 おしどり夫婦の愛は王宮を救…う? (コバルト文庫 し 17-9)

2016年3月刊。
人目憚らずイチャイチャしまくる夫婦が、王宮でおこった魔物絡みの事件を解き明かす物語。
「銀灯師」という設定や世界観は幻想的で素敵だったのですが、期待よりは少し薄味な作品でした。
既にラブラブな夫婦の間には何の問題もないので、恋愛的な盛り上がりに欠けるのが残念。夫婦もの自体は好物なんですけど、もう少し波乱がほしかったです。
そこらへん惜しかったものの、読み切りとしては普通に楽しめる作品でした。

☆あらすじ☆
国王の娘として生まれるが、ある事情から王宮を追放されたミレナ。17歳の今は若き公爵の妻となり幸せに暮らすが、ある日王宮から使いが。稀代の銀灯師となったミレナに、解決してほしい事件があるらしく!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 公爵夫人は銀灯師 おしどり夫婦の愛は王宮を救・・・う?

【漫画読了メモ】2016年2月までの1年分を振り返る その2

 

1記事でまとめるつもりが途中でエラーが出たので2本目に突入。前半後半で分けるつもりがまたも入りきらなかったので「その2」となります。

1年分の記録というのが無謀だったのか・・・・・・

※引き続きネタバレには一応気をつけていますが自己責任でよろしくお願いします。

 

続きを読む 【漫画読了メモ】2016年2月までの1年分を振り返る その2