ダンジョン・サーベイヤー1 遺跡の街の“人間嫌い”


『ダンジョン・サーベイヤー1 遺跡の街の“人間嫌い”』(嬉野秋彦著/ファミ通文庫)★★★☆☆

ダンジョン・サーベイヤー 遺跡の街の“人間嫌い" (ファミ通文庫)
ダンジョン・サーベイヤー 遺跡の街の“人間嫌い” (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
「黒鋼の魔紋修復士」の嬉野秋彦さんの新作はダンジョンファンタジー。
古代魔導文明の遺跡を探索する冒険者たちの物語です。
同月発売となったMF文庫Jの新作「剣魔剣奏剣聖剣舞」と同様にこちらも序章という感じですが、伏線の張り方やキャラ的に私はこちらの方が楽しみなシリーズになりそうな予感。

☆あらすじ☆
太古の魔導文明が眠る遺跡の街【キーンホルツ】。そこへ向かっていたニコルは、山賊に襲われていたところを赤毛の少年に救われる。しかもその少年クローはトップクラスと名高い調査隊“人間嫌い【ミザントロープ】”を率いる凄腕の“調査鑑定士【サーベイヤー】”で、ニコルは埋文局の命により、彼のチームにその身を預けることに! 個性的な三人の少女に続く仲間を求めていたクローは、ニコルの力を試すべく“キーンホルツの闇”へ挑む――! 広大な迷宮都市を舞台に贈るダンジョンクロールファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

 

舞台となるのは、古代魔導文明の遺跡が多く残るベルーガ王国の中でも、とりわけ危険な遺跡が集まる遺跡の街キーンホルツ

物語は、田舎からキーンホルツにやってきたウルフリングの少年ニコルを狂言回しとして、彼が加入することになるトップクラスの公認調査鑑定士(サーベイヤー)チーム「人間嫌い(ミザントロープ)」のダンジョン探索を描いていきます。

 

このミザントロープのリーダーであるのが、謎多き主人公クロー
自信過剰な実力派クローをはじめ、ぱっと見エルフな美少女・ラム、ミイラ女・ネフェティ、小さな武闘派・シェーラとチームメンバーは個性派揃い(ラムとシェーラの正体はびっくり)
そこに突っ込まれたニコルもまた卑屈な無礼者という困った君なので、クセ者しかいませんね、このチーム・・・・・・。

 

今回はメンバーの顔見せと、キーンホルツにある遺跡群の雰囲気を知るための1巻という感じでしたが、様々な伏線が張られていったので続きがとても気になります。

特にクローが何者なのかとか、支局長との関係はどうなのかとか。

あとがきに恋愛面の方向性についてちょっと触れられていましたが、果たしてクローのお相手が務まるヒロインがいるのかどうか。
妥当なところでラムかなぁとは思うのですが、変化球で50代淑女もありうるのか・・・・・・それもちょっと見てみたい気がします(;`・ω・)

 

また、終盤で物語をかき回した「組織」についても今後重要になっていきそうな予感。
そこに関してはニコル父がまさかの動きを見せましたしね・・・・・・あれは驚いた。ニコルはあんなに役立たずなのにパパはかっこいいとか。

 

まだまだ謎だらけの幕開けではありますが、とても期待できそうな新作です。
2巻を楽しみに待っています(*゚▽゚)ノ

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。