ダンジョン・サーベイヤー1 遺跡の街の“人間嫌い”

『ダンジョン・サーベイヤー1 遺跡の街の“人間嫌い”』(嬉野秋彦著/ファミ通文庫)★★★☆☆

ダンジョン・サーベイヤー 遺跡の街の“人間嫌い" (ファミ通文庫)
ダンジョン・サーベイヤー 遺跡の街の“人間嫌い” (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
「黒鋼の魔紋修復士」の嬉野秋彦さんの新作はダンジョンファンタジー。
古代魔導文明の遺跡を探索する冒険者たちの物語です。
同月発売となったMF文庫Jの新作「剣魔剣奏剣聖剣舞」と同様にこちらも序章という感じですが、伏線の張り方やキャラ的に私はこちらの方が楽しみなシリーズになりそうな予感。

☆あらすじ☆
太古の魔導文明が眠る遺跡の街【キーンホルツ】。そこへ向かっていたニコルは、山賊に襲われていたところを赤毛の少年に救われる。しかもその少年クローはトップクラスと名高い調査隊“人間嫌い【ミザントロープ】”を率いる凄腕の“調査鑑定士【サーベイヤー】”で、ニコルは埋文局の命により、彼のチームにその身を預けることに! 個性的な三人の少女に続く仲間を求めていたクローは、ニコルの力を試すべく“キーンホルツの闇”へ挑む――! 広大な迷宮都市を舞台に贈るダンジョンクロールファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョン・サーベイヤー1 遺跡の街の“人間嫌い”

【漫画読了メモ】2016年2月までの1年分を振り返る その1

漫画に関しては読書メーターにも記録してこなかったのですが、今後ブログに簡単なメモという形で記録していきたいと思います。感想記事とか紹介記事ではありません。
読メは小説だけの記録にしたいんで、漫画を登録するなら別アカが良いんですけど、それはそれで面倒なんですよねー。

今回は振り返りということでほぼ1年分をメモる予定ですが、1記事に入りきらずに(エラーした)3本に及ぶくらい長いです。
ちなみに1年以上前に読み始めたシリーズも混ざってます。そして読んだ時期の詳細は覚えてないので読了順ではないです。

今後は定期的にメモっていきたいな。

※ネタバレは極力しない方針ですが、うっかりネタバレしている箇所もあるかもしれません。自己責任でよろしくお願いします。

 

続きを読む 【漫画読了メモ】2016年2月までの1年分を振り返る その1