図書館ドラゴンは火を吹かない

『図書館ドラゴンは火を吹かない』(東雲佑著/宝島社)★★★★☆

図書館ドラゴンは火を吹かない
図書館ドラゴンは火を吹かない

2016年2月刊。
第3回なろうコン選出作。
なんて優しくて、悲しくて、美しい物語なのでしょうか。
図書館を守る孤独なドラゴンが、在りし日の親友との旅路を懐古する物語。
すでに失われた日々を語ることの寂しさが胸を締めつけると同時に、思い出の中の彼らの笑顔に心が温かく癒される作品でした。
物語師であり魔法使いである少年の旅を描く物語としても、児童文学的な懐かしい雰囲気のあるファンタジーとして魅力的。出会いと別れを繰り返す旅人たちが歩む、広大な世界に胸のときめきが止まりません。
この巻は気になるところで終わっているので、続きがとても楽しみです!( ´ ▽ ` )

☆あらすじ☆
とある司書王の遺した図書館で、百年の孤独に耐えながら書物を守る火竜がいた。書物の庇護者たる彼女は、火竜であるにもかかわらず、炎は本を燃やすものとして決して炎を吐かなかった。彼女は夢を見る。それはまだ幼き司書王・ユカと旅した輝かしい思い出。
さぁ、説話を司る神の忘れられた御名において、はじめましょう。少年ユカと竜のリエッキの出会い、そしてその旅路の物語を。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 図書館ドラゴンは火を吹かない

箱入り王女の災難3 恋と絆と女王のエチュード

『箱入り王女の災難 恋と絆と女王のエチュード』(三川みり著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

箱入り王女の災難 恋と絆と女王のエチュード (角川ビーンズ文庫)
箱入り王女の災難 恋と絆と女王のエチュード (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年3月刊。
完結巻です。
とても急ぎ足ですが、一応は綺麗に話をまとめた感じ。
色々勿体ないなぁと思う部分が多いシリーズになってしまいました。もっと続けられていれば・・・・・・。
三川さんの次回作に期待しています。

☆あらすじ☆
召し使いの体に乗り移ったまま、元に戻れない王女フレデリカ。そんな折、国王が襲撃され意識不明の重体に! さらに隣国の革命軍政府から会談の申し入れがあり、フレデリカが国王代理として出席することになり?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 箱入り王女の災難3 恋と絆と女王のエチュード