夜明けのヴィラン 聖邪たちの行進

『夜明けのヴィラン 聖邪たちの行進』(地本草子著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★★☆

夜明けのヴィラン 聖邪たちの行進 (ダッシュエックス文庫)
夜明けのヴィラン 聖邪たちの行進 (ダッシュエックス文庫)

2016年2月刊。
すごく面白かった!!
ヒーローが崇拝されヴィランが憎悪される街を舞台にした、アメコミ感満載のヒーローアクション。
「ヒーローとは究極的に善の存在であり、その成す行為は善である。」
この一文にゾワゾワくるものを感じたら是非読んでほしい。
ヒーローとヴィラン、正義と悪。その対立の中で生まれる新たなヒーローの物語です。
今回の事件そのものは一応綺麗に終わっていますが、気になる伏線もあるので是非シリーズ化してほしいです!

☆あらすじ☆
悪役(ヴィラン)は正義の夢を見るか? 僕の中に、最凶最悪の悪役(ヴィラン)が棲む――
超人的な力を生み出す器官–〝チャンバー〟の発見により、ヒーローとヴィランの存在が科学的に証明された世界。ヴィラン排除の気運が高まる中、リアクタ・シティに住む高校生シンザキ・ユウマは、最凶最悪のヴィラン、エヴィルエンドの息子として生まれ、その能力を受け継いでいることを世に暴かれないか恐れていた。だがヒーロー殲滅を叫ぶヴィラン、Dr.デブリードマンによる市民への無差別攻撃から、子どもを救ったことをきっかけに、ユウマは同級生のヒーロー、キョウノ・アカリに目をつけられ、やがてヒーロとヴィランの境を超えた壮大な戦いへと巻き込まれていく……善と悪が交錯する新たなヒーロー伝説ここに誕生!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 夜明けのヴィラン 聖邪たちの行進

ノベルダムと本の虫

『ノベルダムと本の虫』(天川栄人著/KADOKAWA)★★★☆☆

ノベルダムと本の虫
ノベルダムと本の虫【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
第13回ビーンズ小説大賞「審査員特別賞」受賞作。
気の弱い少女が憧れの「物語の王国」に招かれ、そこで起こる様々な出来事を通して成長していく物語です。
なぜ受賞作なのに単行本?と思っていたのですが、恋愛色はなく内容的にも児童文学寄りな感じなので、たしかに今のビーンズ文庫っぽくはないのかも。
世界観や設定はとても凝っていて魅力的でした。大きな図書館ってそれだけでワクワクするのに、物語からの「引用」が楽しすぎる。
説明過多になっている部分や演出が過剰な部分が気になりましたが、今後に期待したい新人さんだと思います。ビーンズ文庫の新作の方も読む予定です。

☆あらすじ☆
「物語の王国へおいでなさい、アミル」本好きな少女・アミルが招かれたのは、『物語機関(ノベルエンジン)』という独自の技術を使って本を独占し、長い戦争の中で中立を保つイストリヤ王国――通称『物語の王国(ノベルダム)』。遅刻魔の上司・ディレイや個性的な同僚とともに王立図書館司書『本の虫』として働き始めるアミルだが、広大な図書館には未完の傑作『五國物語』の謎が隠されていて……!?
物語を愛するすべての人へ贈る、異世界ビブリオファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ノベルダムと本の虫