ボディガードな彼女いわく、サディスティック日和にて。


『ボディガードな彼女いわく、サディスティック日和にて。』(望月充っ著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★☆☆

ボディガードな彼女いわく、サディスティック日和にて。 (ダッシュエックス文庫)
ボディガードな彼女いわく、サディスティック日和にて。 (ダッシュエックス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
第2回集英社ライトノベル新人賞「特別賞」受賞作。
殺人事件を目撃してしまったことから、JKボディガードに護衛してもらうことになった不運体質高校生の受難を描く物語。
ヒロインがドSすぎて、一体誰から身を守れば良いのか分からなくなるレベルw
ハイテンションなドタバタ劇がなかなか楽しい作品でした。

☆あらすじ☆
天下に並ぶ者がいないほど、破滅的に、神憑って、運が悪い高校生・向希純(むかいきすみ)はある日の下校途中、暗殺者ファントムの犯行現場を目撃し、次のターゲットとされてしまう。 すぐさま助けを求めに警察に駆け込むが、相手にされない希純。それでも食い下がる彼に刑事・室田万寿夫が紹介したのは、警備会社『SMG』(スクール・メイツ・ガーディアン)と呼ばれる謎の事務所だった。そこを訪れた希純を待っていたのは――なんと美人女子高生!? お金もない、頼るあてもない希純は設立されたばかりのSMGのモニターとして、沙耶香とボディガードの契約を結ぶことに。これで一安心と思った矢先…… 「あれ……? 俺、前より危ない目に遭ってない……!?」 希純に敢えて危険な橋を渡らせ、苦しむ姿をうっとりと眺める沙耶香。 実は彼女は真性のドSだった! 「護るべきか、虐めるべきか。それが問題ね」 不運な少年の強制ドMスクールライフ、危険に開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

暗殺者ファントムによる殺人を目撃してしまった不運すぎる高校生・向希純
真面目に話を取り合ってくれない警察から来栖沙耶香を紹介された希純は、設立したばかりの沙耶香の警備会社「SMG」のモニターとなる契約をすることに。
そうして、ファントムに命を狙われたり、ドSの沙耶香の手でピンチな目に遭わされたりと、希純のドタバタな日常が幕を開けるのです。

 

ここまでサディスティックなヒロインは久しぶりに見ましたw
嗜虐に快感を覚えちゃってる人がボディガードって大丈夫なの!?って不安に思うくらい、沙耶香の行動が容赦ないんですよね・・・・・・ふとした時に見せるか弱さや可愛らしさに騙されちゃいけないタイプのヒロインでした(;`・ω・)

まぁ・・・・・・オチを考えると「騙されるな!」っていう私の危機感は当たってたというか・・・・・・。

 

神出鬼没なファントムに対峙するという緊張感を持ちながら、過去の事件に絡む刑事との因縁にも迫っていくストーリーはなかなか面白かったです。
サスペンスアクション、ミステリー、ラブコメと、色々見るべきところが多く、ドタバタとしつつもテンポよく展開していく物語だったと思います。
ミステリーについては、怪しいヤツの隣にいる善良そうなヤツが本命というお約束な真相ではあったものの、真相発覚後も飽きることなく最後まで楽しむことができました。
真犯人のキャラが濃かったからかな。変なジュースばかり飲んでる理由が完全に病んでてゾッとさせられました・・・・・・。

 

また、優しい幼なじみ菜々美との過去から希純のトラウマを描いていったように、主人公自身の掘り下げ方も良かったと思います。
あそこのシーン、「メインヒロインは菜々美だったか」と思ったのですが、結局どうなるのでしょうか。私は菜々美ちゃんを選んだ方が幸せになれると思う(真顔)

 

ちょっと意表を突かれたのは、沙耶香の隠し事について。
これは希純はもっと怒って良いと思うんですよ。一目惚れとか言われて絆されてたように見えましたが「騙されるな!」(((゜Д゜;)))

ていうか、最後の希純、いつの間にかドMに目覚めさせられてるじゃないですかー!これが調教か・・・・・・サディストこわい。

 

サディスティックな希純さんにぷるぷる震えてしまう作品でした。楽しかったです。

「死神」の件を考えると続きが出るのかな?
楽しみにして続刊を待ちたいと思います(*゚▽゚)ノ

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。