剣魔剣奏剣聖剣舞


『剣魔剣奏剣聖剣舞』(嬉野秋彦著/MF文庫J)★★★☆☆

剣魔剣奏剣聖剣舞 (MF文庫J)
剣魔剣奏剣聖剣舞 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
『黒鋼の魔紋修復士』の嬉野秋彦さんの最新作。
タイトルのインパクト通りに、たくさんの剣と剣士が登場する西洋風戦記ファンタジーです。
前作の時も思ったのですが、世界観が凝りすぎてて1巻は設定を把握するだけでも難儀しますね・・・・・・ストーリー的にも盛り上がりに欠けていたのは残念。続けば面白くなっていくんだろうなぁ、という信頼はありますが。
そして相変わらずキャラのクセがすごい。主人公のアクは強いし、ヒロインは考えが足りないし(´・ω・`)
こ、これもおそらく続けば魅力が開花していくに違いない!

☆あらすじ☆
『黒鋼の魔紋修復士』の嬉野秋彦最新作! 最強剣聖が世界を弄ぶ邪道戦記!
不壊の“神剣”を駆る“剣聖”が戦う戦乱の時代。王国の神剣を強奪したリューインは美少女揃いの剣聖集団“絶華十剣”のひとり、ソーロッドの追撃を受けるも窃盗、脱獄、公然猥褻、覗きにセクハラとやりたい放題で?【電子限定!描き下ろし短編付き】

以下、ネタバレありの感想です。

 

長年、対立し続けるラドガヴィガ王国とゼゼルク大公国。
物語は、そのどちらにも属さない謎の剣士リューインが両国の陣営を行ったり来たりしながら戦況を引っかき回していく様子を描いていきます。

 

リューインの行動の目的も分からないまま、王国側の内部事情を時折挟んだり、大公国側の不正を挟んだりと、あちらこちらに焦点がズレていくため、一体これはどういう物語なのかと方向性を把握できず、なかなか読むのが大変でした。
まぁ、今回はまるまる序章だったから仕方ないのかな。
情勢の説明と、リューイン&ソーロッドの初陣までは描かれたものの、いまいちストーリー的には盛り上がりに欠けた印象なのは残念でしたが・・・・・・。

 

とはいえ、設定はとても面白かったです。
剣聖と神剣の関係や、サロメアのいう「世界を統べる最後の一振り」、リューインの神剣狩りの目的、ソーロッドの失われた記憶などなど、今後の展開次第で面白くなりそうな伏線が大量に置かれたわけですしね。

特にリューインとソーロッドの間にどんな因縁があるのかは気になるなぁ。
リューインがソーロッドの記憶を取り戻そうとしているのかどうかがいまいち分からないものの、彼女を無理矢理に旅の道連れにしたからには何か目的があるのでしょう。

 

キャラは、クセがありすぎましたw
特にリューインの殴りたさがやばい。読んでてヘイトたまるたまる。お前の口を縫い付けてやろうか!って何度思ったことか。
大丈夫かな、私この主人公好きになれるかな・・・・・・前作主人公の時も同じこと思ってたのを思い出したんで、多分なんとかなるとは思うんですが。

 

ソーロッドの方は、もうちょっと落ち着けよドードーって感じでした。
直情思考で考えなしなのに生真面目で義理堅いって厄介すぎる。うっかりさんだと愛でればいいのかは、まだ何とも言えない感じです。

 

今回出てきたなかで好きなのはフルルロッサですねー。苦労人なお姉さん気質に私も癒されたい。
あとはキリリクも意外に好きでした。こういう感じにクセ者なキャラは良いw

 

さて、ちょっと1巻だけでは何とも言えない感じの感想しか出てきませんが、まぁまだ1巻ですしね。
2巻を待ちたいと思います( ´ ▽ ` )ノ

剣魔剣奏剣聖剣舞 (MF文庫J)
嬉野 秋彦
KADOKAWA/メディアファクトリー
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。