超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!2


『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!2』(海空りく著/GA文庫)★★★☆☆

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 2 (GA文庫)
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 2 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年2月刊。
異世界で市民革命を目指す超人高校生たちの活躍を描くファンタジー第2弾。
今回は自陣営の地盤固めと次回以降への前振り的な意味合いが強いストーリーでしたが、あちらこちらキナ臭くて楽しくなってきましたw

☆あらすじ☆
「では諸君。歴史を急き立てるとしよう」
地方領主をいともあっさりと打倒した超人高校生たちは、冬の終わりとともに始まるだろう帝国との全面対決に向けて、準備を開始する。
そんな彼らが最初にとった方策は『宗教』!?
天才マジシャンのプリンス暁が現人神・ゴッド暁として奇跡の御業を示し、さらに桂音の医療技術や葵の武力など、それぞれが能力を生かして人々に実利を与えることで信仰を集め、超人高校生たちは急速に勢力を拡大していく!
帝国の理不尽な圧政に苦しめられてきた人々を、地球最高の叡智と技術で導く異世界革命物語第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

市民革命を目指すに当たってまずは宗教を立ち上げよう!という発想がとてもクールw

 

超人マジシャンの使い方が面白すぎるし、当の本人はいたって普通の感性の持ち主だというのがさらに面白いんですよね。ゴッド暁の被害者っぷりが楽しいww

 

そんな感じでスタートを切った超人高校生たちの市民革命。

「七光聖教」を名乗り、ドルムントを傘下に入れ、さらに勢力を拡大させるために準備していき・・・・・・というのが今回のストーリーだったので、全体的にはやや地味めな感じ。
超人高校生全員にスポットが当たることもなかったですしね。特にお医者さまの存在感がどんどん薄れてるよー(´;ω;`)

 

今回目立ってたのは、やはり司。
もうこの人が「全能じゃない」とか言っても「はぁ?」としか思えない。千里眼かよ・・・・・・。
ちょっと引くくらいの内政チートっぷりを発揮していましたが、メイドさん可愛かったし、リルルを避けまくっていた理由も不器用で笑ってしまったしで、なんだか彼の人間的な部分が見えてきたのは良かったです。

 

そして意外にもラストで大活躍した葵。
ござるJKとかイロモノキャラだろって思ってたら、イロモノはイロモノでも凄いイロモノでした。
ラストのミサイル軌道修正の仕方、見ようによっては色っぽい気がするのに、もはやギャグにしか思えなくてひたすら笑ってましたw

 

あとはシノブも諜報要員なだけあって、色々と重要そうな役回りに移っていきそうな予感があります。
シノブといえば、潔癖公の領地は酷いことになっていてゾッとしました・・・・・・。
なんかこのシリーズ、お気楽脳天気な雰囲気を前面に出してるくせにエグいシーンをサラっと混ぜてくるから動揺するんですよね・・・・・・カニバさんこわい。

 

今回は何とか潔癖公に一矢報いることができましたが、本格的にぶつかるのは次回以降かな。楽しみです。

 

そういえば、鉄壁の仲良しに見える超人高校生たちの間に亀裂を予感させるフラグがちらちらと見えてきてドキドキ。
司・リルル・林檎の三角関係とか・・・・・・(私はリルル派!がんばれリルル!あれ、でも最後還るんだっけ?)
司と勝人の訣別フラグとか・・・・・・。

まぁ帰還という目的が共通している以上、そう簡単には袂を分かつことはないと思うのですけど。どうなるのかなー(/ω・\)
少なくとも三角関係の方はトラブルを予告されてしまっているので、ニヤニヤしながら動向を見守りたいと思いますw

 

というわけで3巻も期待しています(*゚▽゚)ノ

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。