ゴブリンスレイヤー

『ゴブリンスレイヤー』(蝸牛くも著/GA文庫)★★★★☆

ゴブリンスレイヤー (GA文庫)
ゴブリンスレイヤー (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年2月刊。
私事ですが、2日ほど胃腸炎に苦しんでました。本を読めないのが一番辛かった。
未だ微妙に残る吐き気にウンザリしながら、ラノベ読み復帰第1弾に選んだのがこちら。
選択ミスったかもなぁと泣きそうになるくらい、グロい。エグい。ムゴい。
うっうっ・・・・・・となりつつどうにか読み切ったのですが、いやもうすっごく面白かったです!選択ミスじゃなかった!
最弱の怪物であるゴブリンを殺すだけの存在「ゴブリンスレイヤー」。
同じ冒険者から見ても異質で奇矯な彼が、どのようにしてゴブリンを狩るのか、なぜゴブリンを狩るのか、そしてその先に何を見るのかを描く物語。
醜悪な怪物にゾッとさせられる作品でしたが、終盤へのカタルシスに胸が熱くなりました。
綺麗に話は終わっているのですが、続きが出るとのこと。楽しみです(^^)

☆あらすじ☆
「俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ」
その辺境のギルドには、ゴブリン討伐だけで銀等級(序列三位)にまで上り詰めた稀有な存在がいるという……。
冒険者になって、はじめて組んだパーティがピンチとなった女神官。それを助けた者こそ、ゴブリンスレイヤーと呼ばれる男だった。
彼は手段を選ばず、手間を惜しまずゴブリンだけを退治していく。そんな彼に振り回される女神官、感謝する受付嬢、彼を待つ幼馴染の牛飼娘。そんな中、彼の噂を聞き、森人(エルフ)の少女が依頼に現れた――。
圧倒的人気のWeb作品が、ついに書籍化! 蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー