絶対ナル孤独者3 凝結者 The Trancer

『絶対ナル孤独者〈アイソレータ〉3 ー凝結者 The Trancerー』(川原礫著/電撃文庫)★★★★☆

絶対ナル孤独者 (3) ―凝結者 The Trancer― (電撃文庫)
絶対ナル孤独者 (3) ―凝結者 The Trancer― (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


2016年2月刊。
丸一年振りの新刊です。せっかく面白いのに刊行速度ぐぬぬ。
なかなかヘタレっぽさの抜けない主人公ですが、ちょっとずつ成長しています。
ミノルの成長にしたがってタイトルからはどんどん離れていくものの、その意味するところは今回終盤でちらりと見えたり。
政府秘密組織VS敵対組織のSF異能バトルものとしても面白い展開になってきました。
次巻は早めにお願いします!

☆あらすじ☆
凶暴なルビーアイ二体を倒すことに成功した“孤独者”こと空木ミノルは、同じような能力を持つ“味方”が集まる厚生労働省安全衛生部特別課―通称“特課”にスカウトされる。“特課”最強の能力者といわれる“屈折者”小村スウとコンビを組んだミノルは、敵の隠れ家に侵入する作戦に挑む。そこで目撃したのは、最強最悪の敵“液化者”の意外な正体で…!絶体絶命の窮地に陥ったミノルとスウの運命は…!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 絶対ナル孤独者3 凝結者 The Trancer