かりそめ子爵と秘密の駆け引き1 悪霊王子の愛しの令嬢


『かりそめ子爵と秘密の駆け引き 悪霊王子の愛しの令嬢』(あさば深雪著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

かりそめ子爵と秘密の駆け引き 悪霊王子の愛しの令嬢 (角川ビーンズ文庫)
かりそめ子爵と秘密の駆け引き 悪霊王子の愛しの令嬢 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年11月刊。
霊感もちの没落貴族令嬢が、兄に代わって呪われた王子の解呪を手伝うお話。
男装潜入モノとして手堅くまとまりすぎている感じのある作品ですが、舞台背景がしっかりしているので読み応えはありました。
もう少しキャラに個性がある方が好みですが、十分に面白い物語だったと思います。
亡霊令嬢と悪霊王子の逢い引きシーンが色っぽくてお気に入り。
続きに期待!

☆あらすじ☆
男装令嬢(ときどき亡霊)と引きこもり王子のすれ違いラブ!
ユーゴ王子に掛けられた呪いを解くため、男装して女人禁制の亡霊城を訪れたシャロン。 その方法を探ろうと、かつて城に住んでいた亡き令嬢の姿に変装したところ、 “亡霊”なのになぜか王子に気に入られてしまい?

以下、ネタバレありの感想です。

 

借金に苦しむ貧乏子爵家の令嬢シャロンは、借金返済のために行方不明の兄シャルルに代わり、王太子ユーゴにかけられた呪いを解く任務を引き受けることに。
謎の魔術師にかけられた呪いによって亡霊城から出られず、悪霊王子と呼ばれるユーゴの元に男装姿で訪れたシャロン。
そんな秘密を抱えた生活が始まるなか、亡霊城にいる亡霊との取引によって亡き伯爵令嬢アニーに扮したシャロンは、その姿のままユーゴと会ってしまい、さらなる秘密を抱えることになるのです。

 

男装潜入モノの定石を踏んでいくようなストーリーなので、あまり意外な展開はなかったのですが、それでもしっかりと最後まで読ませる魅力のある面白い作品だったと思います。
ユーゴが呪われた経緯とか、シャロンの家が没落した経緯とか、物語の背景がしっかりしているからでしょうね。
黒幕は察しやすかったものの、伏線の張り方や設定の出し方が上手いので読み応えが損なわれることはありませんでした。

 

一方で、キャラはもうちょっと個性が欲しかったかも。悪くはないんですけど。
主人公のシャロンやメインヒーローであるユーゴに比べると、エドとかリオンの方がキャラ立ちしていた気がします。
特にリオンは狂気ダダ漏れのサイコさんなのに、シャロンに餌付けされつつあるのが面白かったですw
エドの秘密については、不良のギャップ萌えとか古典少女漫画か!ってちょっとツッコミ入れましたww

 

そんな感じでキャラの魅力という点では他の二人に一歩及ばないユーゴですが、アニーとの絡みでは溢れ出る色気にドキドキ。
特にガラス越しのキスシーンはとても素敵でした。ベタだっ!だがそれが良い!
まちさんのイラストも美麗・・・・・・(*´∀`)

 

それにしても、男装潜入モノで女装Verを出す作品って、「どうして顔を見ても同一人物だって気づかない?」という疑問が拭えずにヒーローがマヌケに見えるものなんですよね……ユーゴに対しても気づけよ!って何度思ったことか。
ただ、最後のアレは気づいてるってことなのかな??じゃなかったら笑う。

 

さて、一応の黒幕は引っ張りだしたものの、解呪は失敗して振り出しに戻る、と。
2巻もまもなく出るので続きに期待したいところですが、アニー=シャルルと気づいた(?)ユーゴの今後の動きが特に楽しみです。

 

そういえば本物のシャルルはどこにいるんだろう?
微妙に存在感をチラチラさせる、「領地経営を任せてきた兄の友人」も登場したりするのでしょうか。

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。