ウサギ娘とだんな様


『ウサギ娘とだんな様』(くるひなた著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

ウサギ娘とだんな様 (ビーズログ文庫)
ウサギ娘とだんな様 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年12月刊。
糖分ともふもふと優しさで構成されたような作品でした。
かなり手軽に萌えを補給できて良い気分転換にはなったのですが、どうしよう感想が書きづらい・・・・・・。
元がpixivなのですが、そちらを見てウサギ娘とだんな様の関係性に萌えたら楽しめる作品だと思います。
小説とイラストをひとりで担当しているためか、イラストと漫画がたくさん収録されています。
たまにはこういう作品もありですね。

☆あらすじ☆
pixiv発☆可愛すぎる二人の超・癒やし系ラブコメ!!
「決して人前でスカーフを取っては駄目よ」獣人であることを隠して暮らすウサギ娘の元に、ある日軍人が訪れた。「これより君は、私の保護下に置かれることになります」そう告げる彼は、若くしてエリートの獣人保護庁・長官。彼に連れ出されたその日から、獣人と人間――ウサギ娘とだんな様の、甘く穏やかな隷属の日々が始まる……。

以下、ネタバレありの感想です。

 

獣人が人の管理下に置かれる世界で、獣人であることを隠してひっそりと暮らしていたウサギ娘
そんな彼女の前に獣人保護庁長官が現れ、ウサギ娘は長官の屋敷で彼の保護を受けることになるのです。

 

キャラ名、一切なしなんですね・・・・・・。
うーん、適当にでも付けてほしかったのですが、登場人物全てに名前がないのでそういう方針なのでしょう。こればかりはちょっと苦手でした。

 

それはさておき、半ば強引に連れ去られたことで怯えるウサギ娘と、どうにか彼女に心を開いてもらおうと頑張る長官にニヤニヤ。
ストレスフリーな溺愛を楽しめる作品だったと思います。
それ以上でもそれ以下でもないため、ちょっと感想は書きづらいのですが(;`・ω・)

 

軽く甘く綴られる物語の中で、少し気になったのはこの物語の中でウサギ娘と長官が結ばれるハッピーエンドって可能なの?という点。
厳重に管理・保護されるべき獣人とそれを保護すべき側のトップって結婚とかできないんじゃ・・・・・・というかそういう制度自体なさそうな気が。獣人と人間の間で子どもは生まれないそうですし。
てことは一生飼い殺し?うわぁ。
・・・・・・あまり深く考えちゃダメですね。

 

なんか微妙に血生臭い背景がチラチラしたのは気になったものの、長官とウサギ娘のいちゃらぶと、彼らをニヤニヤ見守る周囲の優しい人々にほっこりする作品でした。

続きは出るのかなー?
続いたら続いたで今後どういう展開になるのか気になるので、とりあえず楽しみにしていますw

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。