偉大なる大元帥の転身2 勇者と炎上トーナメント


『偉大なる大元帥の転身2 勇者と炎上トーナメント』(竹岡葉月著/ファミ通文庫)★★★★☆

偉大なる大元帥の転身2 勇者と炎上トーナメント (ファミ通文庫)
偉大なる大元帥の転身2 勇者と炎上トーナメント (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年1月刊。
異世界召喚された元魔王軍大元帥の再スタート物語第2弾。
今回は芝居ありトーナメントあり場外乱闘ありの創立祭編。色々と話も動いて面白かったです。
しかし内容的にはライラ回ともいえそうなのに、表紙は魔王さまなんですね。中も外も不憫な子・・・・・・!

☆あらすじ☆
「帰っておいでよ、ヴェーレス」合同調査から戻ったケータに、四天王の一人である百獣族の族長ベスティアリは告げた。その勝手な言い分に、怒りながらも心がざわめくケータ。そんな折、フレッドフォード召喚学院は、年に一度開催される創立祭の準備に沸いていた。成績上位者のみが参加を許されたイベントの華――精霊召喚タッグトーナメントで、優勝を目指して闘志を燃やすイリスたち。それを尻目にケータは、光の勇者や“白の腕”が賓客として集結するその日こそ、元の世界に還る糸口が掴めるのではないかと意気込むのだが……。なぜか天才少女ライラとペアを組んで、タッグトーナメントに出場することに!? 波乱の出直し異世界転戦記、待望の第2巻!

以下、ネタバレありの感想です。

 

魔王軍四天王のひとりベスティアリから「魔王のもとに帰ってこい」との誘いを受けるケータ。
その一方で、不正の疑惑を持たれ孤立する天才ライラとトーナメントのタッグを組むことになり・・・・・・というのが今回のストーリー。

 

創立祭に関しては、あと一歩盛り上げてほしかった気がします。
ライラの本音を吐き出させたシーンとかは青春を感じられて良かったんですけどね。
肝心の本戦が圧倒的ページ数不足。
せっかく邪道で勝ち抜くなんてテンション上がる展開に持っていったのだから、その興奮が伝わってくるような描写が欲しかったです。

とはいえ、決勝戦のぴよぴよには笑ってしまいましたがww
なんかすごくスポ根な感動をひよこに託してたなぁ・・・・・・絵面がシュールすぎる。

 

2巻が面白くなるのは決勝戦後の勇者ハイラントによる場外乱闘から。
勇者のくせに外道臭が凄まじいハイラントはなかなか楽しいキャラでした。これは遠慮なくぶちのめしていただきたい。

 

騒動の中で過去と未来への迷いに自分なりの答えを出した一方、ケータはようやく帰還の手がかりを掴むことに。
序盤に登場した秘匿名レッドリバーの正体がこんなに早くに判明するとは。
しかしこれは簡単に帰してもらえるのか微妙な感じですね。召喚自体がギリギリの勝負だったっぽいし、彼はケータを帰す方法なんて知っているのでしょうか(;`・ω・)

 

それでも手がかりは手がかり。
ケータの学園生活がいつまで続くのかわからなくなってきました。
最後、イリスはぽんこつでしたがライラは確信を抱いたっぽいですしね。ここらへんの関係はどうなるのかな?

 

ケータに戻ってきてほしいというフードゥーの真意も気になります。
そういえば序盤でケータが大元帥になる前のエピソードが語られていましたが、魔王軍元帥の実績作りの参考になぜ「王家の紋章」。ちょっと吹いたじゃないですか。

 

ますます面白くなってきました。
3巻も楽しみです!(*´∀`)

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。