アルカナ・ナラティブ

『アルカナ・ナラティブ』(射当ユウキ著/ファミ通文庫)★★★★☆

アルカナ・ナラティブ (ファミ通文庫)
アルカナ・ナラティブ (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年1月刊。
ミライショウセツ大賞拾い上げ作品。
心に傷を抱えた少年少女がそれを皮肉るような魔法に目覚め、様々な出来事を経て過去を乗り越えていく物語です。
元詐欺師という過去を悔いているのに、人を欺くしかない能力を発現してしまった主人公。
能力と過去に対する主人公の複雑な感情はなかなか読み応えがあり、そんな彼がヒロインと築いていく優しい関係性はとても素敵でした。
主人公の語り口がやや苦手なタイプだったものの、彼がゆっくりと癒やされていく物語の雰囲気はかなり好み。私まで癒やされました。
これはぜひシリーズ化してほしいな。2巻待ってます!

☆あらすじ☆
かつて天才詐欺師だった少年、翔馬。過去を悔いる彼は嘘を封印し、これから始まる普通の高校生活に思いを馳せていた。ところが入学初日、額に【I】の痣が浮かび、他者に自分の姿を偽って見せる能力が発現してしまう。同じように【II】の痣を持つ少女氷華梨と出会った翔馬は、この学校に『アルカナ使い』と呼ばれる能力者達がいる事を知り、さらに学内で巻き起こる様々な諍いへと巻き込まれてしまう――!?
過去に囚われた子供達の贖罪と救済の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アルカナ・ナラティブ