黒衣の騎士と悪女の良縁


『黒衣の騎士と悪女の良縁』(宮野美嘉著/小学館ルルル文庫)★★★☆☆

黒衣の騎士と悪女の良縁 (ルルル文庫)
黒衣の騎士と悪女の良縁 (ルルル文庫)

2016年1月刊。
美少年愛好家の令嬢と強面軍人の政略結婚から始まる物語。
悪役令嬢臭が凄まじいヒロインと、馬鹿正直な夫のやり取りが可愛すぎるラブロマンスでした。
ちょっと腑に落ちない部分があったものの、夫婦がそれぞれ隠し持つ過去と秘密を巡るストーリーは面白かったです。

☆あらすじ☆
美少年愛好家と呼ばれる悪評まみれの令嬢、シェリーの結婚がようやく決まった。
夫となる相手は、国一番と評判の美少年ルース…ではなく、その兄クロード。クロードは戦場で死神と呼ばれているほど勇猛で強面な将軍。好みからはほど遠いタイプだが、自宅にいながら「兄に甘える愛くるしい少年の姿」が見放題になると、シェリーは大喜びだ。そんな怪しすぎる花嫁に、夫クロードはいきなり「弟に近づかないでもらいたい」と冷たい態度で拒絶。シェリーはあっさりと初夜をすっぽかされてしまう。それでもめげずに趣味を貫こうと兄弟観察を続けるシェリーだったが、あるとき、育ち盛りのルースが屋敷からほとんど外に出ないことに気づいてしまう…。
「弟を溺愛するあまり屋敷に閉じ込めている」というクロードの不穏な噂は本当のことだったの!? シェリーはなにか秘密を抱えているらしいクロードを探ろうとするが、クロードは思いがけない態度をみせはじめて…?

以下、ネタバレありの感想です。

 

自他共に認める美少年愛好家の伯爵令嬢シェリー
金で美少年達を買うという悪評を負った彼女は、国王のすすめによって強面な軍人クロードのもとに嫁ぐことに。
クロードの弟ルースの美少年っぷりに興奮していたシェリーは、やがてこの兄弟の間に隠されたとある秘密を知っていくことになるのです。

 

前半はシェリーの秘密を、後半はクロードの秘密をそれぞれ描いていく本作。

シェリーに関しては美少年を愛する理由が切なすぎて。
まぁ途中から普通に変態さんになっていたような気がしないでもないのですが。垂涎って・・・・・・。
自分で自分を変態だと連呼し、他の変態に節度を求める、そんな清く正しき変態なシェリーがとても面白可愛かったです。
あと、偽悪的で露悪的なヒロインって結構好きだなぁ〜と、シェリーをみて思いました。
本人は偽善だと思っていたみたいだけれど、シェリーの生き様はとても格好良かったです。

 

対するクロードの秘密については、シェリーの特技の話が出てきた時点で察した通りだったかな、と。
ただちょっと良く分からなかったのは、国の掟を遂行したことがなぜ罪なのか、という点。
臣下として掟を遂行しただけですよね?私欲で勝手にさらったわけでもないのに、なぜ罪悪感に苛まれてる?
ルースに血縁を偽っていることに対する罪悪感にしては大げさな気がするんですが・・・・・・。
うーん、説明が足りないのか、私が「共犯者」って言葉のインパクトに気を取られすぎなのか。
物語の根幹だっただけに、そこで引っかかってしまったのは残念でした。

 

シェリーとクロードのラブロマンスは、素直になれない面倒くさい感じがたまらなく可愛かったですw
まぁ面倒なことになったのは「恋はしない」とシェリーが宣言したからだし、それを言い出した背景も知ってしまうと複雑な気分になるのですが。貴族社会って怖い。
恋をしたくない!と言ってしまった手前、芽生えた恋心の扱いに戸惑うシェリーも可愛かったのですが、やたらしょんぼりシーンが多かったクロードにもニヤニヤしてしまいました。
叩くってアレですよね。ポカポカって感じの擬音がつくような。じゃれてるんですねわかります。

 

そして本作で忘れてはならないのが、天使な小悪魔ルース少年。
宮野さん、ヒロインの嗜好が理解できないとか書いてるくせに、こんなに可愛すぎる美少年を生み出せるってどういうことですか。
ルースくんのツンデレ小悪魔っぷりが可愛すぎてシェリーと一緒に悶えていました。これは全力で愛でるしかない。

 

設定でちょっと「ん?」となってしまったのが惜しかったものの、キャラは可愛くてラブも萌える良い作品でした。
宮野さんの次回作も楽しみです٩( ‘ω’ )و

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。