勇者と魔王が電撃同盟! キッカケは、お互いの恋を応援するため!?


『勇者と魔王が電撃同盟! キッカケは、お互いの恋を応援するため!?』(あごバリア著/MF文庫J)★★☆☆☆

勇者と魔王が電撃同盟! キッカケは、お互いの恋を応援するため!? (MF文庫J)
勇者と魔王が電撃同盟! キッカケは、お互いの恋を応援するため!? (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年1月刊。
勇者と魔王がそれぞれの恋を叶えるために協力するラブコメ。
軽いノリでサクッと読んでしまえるしコメディとしては面白かったのですが、勇者の隠し事にイラッとしてモヤモヤする読後感。
魔王側の主従コンビは可愛かったのですが、個人的に主人公が無理でした。

☆あらすじ☆
魔王の側近に惚れた勇者、勇者の仲間に恋した魔王――はたしてどうなる!?
勇者と魔王の最終決戦――だというのに、勇者が魔王の側近に一目惚れ!? さらに魔王も勇者の親友に惚れちゃって――世界の命運を握る2人が、好きな人と一緒にいたくて同盟を結ぶ、前代未聞のクロスラブコメディ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

敵対する魔王と勇者の関係にありながら、魔王の側近ミアを好きになった勇者レイルと、勇者パーティの剣士アーディを好きになった魔王ユメ
戦いが終われば二度と会えない関係であるため、協力して戦いを引き延ばそうという八百長のための同盟を結んで・・・・・・というラブコメです。

 

八百長バトルの緩い雰囲気を楽しんでいたのですが、意外にあっさり終了。八百長会議とか反省会?が面白かっただけに中盤から普通の日常ラブコメに移行してしまったのは少し残念でした。
といってもコメディ自体は面白いし、恋に健気に頑張るメイや振り回されるミアはとても可愛かったです。
最後にユメが爆発してバトル的な盛り上がりもあり、緩急あるストーリー展開だったと思います。サクサク読んでしまう面白さがありました。

 

そういうわけで話自体は悪くなかったものの、終盤の展開にモヤモヤ。
ユメがどう受け取るかはともかく、「婚約者の存在」は同盟を組んだ時点でレイルが先に呈示しておくべき条件だと思うんです。それをしないのは不誠実では。
「一夫多妻が常識だから婚約者の存在が障害になると認識してなかった」とか何やら色々と書いてはありましたが、全部読んでもやっぱり黙っていた理由に納得がいかない。
この主人公、言い訳ばっかりだな(´・ω・`)

しかも「ユメなら受け入れてくれる」と勝手に決めつけて婚約者の存在を黙っていたくせに、真相を知って激怒したユメに「何勝手に諦めてやがる」って逆ギレするって・・・・・・ユメが怒るの当然だと思うんですけど。

 

レイルの価値観と言動がそのまま受け入れられてしまう世界はちょっと無理です。
途中までは面白かったので終盤の展開に納得がいくかどうかで評価は変わりそうですが、私には合わない作品でした。

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。