英雄都市のバカども2 女神と漢たちの祭り


『英雄都市のバカども2 〜女神と漢たちの祭り〜』(アサウラ著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

英雄都市のバカども (2) ~女神と漢たちの祭り~ (ファンタジア文庫)
英雄都市のバカども (2) ~女神と漢たちの祭り~ (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年1月刊。
バカがバカと一緒にバカ騒ぎするおバカファンタジー第2弾。
今回はファンタジアbeyond掲載分等をまとめた短編集。
相変わらずコメディの勢いが凄まじくて、悔しいくらい笑ってしまいましたw
そして怒濤のリッツ押し。モルトとリッツの関係がすごくによによできて良かったです(´∀`*)

☆あらすじ☆
刮目せよ! 英雄都市の頂点を決める――「漢祭り」の開幕である!!
英雄都市リキュールの年に一度の大騒ぎ「漢祭り」。女子は浴衣姿で応援し、漢たちは魔獣と戦い覇を競う。報奨金で家賃を払えとリッツに送り出されたモルトは、最強(バカ)パーティを率いて進むことになるが……?

以下、ネタバレありの感想です。

 

タイトル・・・・・・!!!
なんというエロガキなクソガキなんでしょうか。
あまりにも純粋すぎる邪な願いに戦慄が走りました。おっぱいにゲシュタルト崩壊しそう。
誰かこいつを矯正しろよ・・・・・・と思ったところでラストのオチ。
そうか、そうか。数十年経ってもそのままか。そしてまだなんですね。

 

 

タイトルから笑いをとりにくるのやめましょーよw
このエピソードの一番の被害者は紛れもなくリッツ。モルトは責任とらないと・・・・・・。

 

 

まだ変態が増えるというのか!!
リーフィピーちゃんが登場するお仕事回。
ピーちゃんの描写が無駄に細かい上に、挿絵までついちゃって全方位死角無しです。勘弁して夢にでそう。
このピーちゃんが、まさかこの後も登場するなんて(あとがき的に、この先も登場しそうなのが怖い)

 

 

相変わらず飯テロな、占い師のチョココ登場回。
やはりメインヒロインはリッツだったかぁ、と確信したエピソードでした。モルトは女好きだけど、やはりリッツから離れられない予感。

 

 

もう祭りの名前からして、肌色再びとしか思えない。
サシャの性別って、本当に周囲は気づいていないのでしょうか。
それはともかくピーちゃんのビジュアルで褌ってだけで悪夢なのに、褌交換とか・・・・・汚い。とても汚い(|||O⌓O;)
リッツのパンツ登場からのヒートアップぷりは何なんですかね。笑いすぎてお腹痛かったですww

 

 

モルトの尊厳が息してない。
・・・・・・最初からでしたか。
地底湖の女神エビーザ登場。とても哀れでした。

パンツ被った段階でオチは見えていましたが、怒りにまかせてカナヅチでモルトの頭を叩き割ったはいいものの、謝るタイミングをつかめずにしょんぼりするリッツが可愛すぎて可愛すぎて。
リッツはこのバカすぎる作品の一番の被害者にして一番の天使です(*´罒`*)

 

 

最後はやっぱりバカ騒ぎw
その中で、ところどころモルトの過去が気になるシーンがありました。
リキュールに流れ着く前に何があったのかとか、どうしてあのアパートに住んでいるのかとか。そもそも「モルト」が本名じゃなかったのかよ!とか。
モルトとリッツの関係も、大家の娘と下宿人ってだけじゃなさそうだし。うーん?ワケあり??
今後明らかになるのかな?期待してます。

 

なんだかやたらとリッツ押しな短編集だった気がします。リッツ可愛い。メインヒロインなんですねわかります。

次巻は長篇になるのでしょうか。楽しみに待っています( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。