アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女

『アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女』(天城ケイ著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女 (ファンタジア文庫)
アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年1月刊。
第28回ファンタジア大賞「大賞」受賞作。
とても面白かった!!ε٩( ºωº )۶з
暗殺者の青年が貴族の力を発現できない令嬢の家庭教師となり、失敗すれば暗殺することを隠しながら彼女の才能を育てていく物語。
ヒロインより主人公の方がチョロインじゃないか!とか、教師バカか!とか、お前実はクールじゃないだろ!とか、色々と私好みで楽しい作品でしたw
設定に詰め込みや粗さを感じる部分もありましたが、ガラスに覆われた幻想的な世界観や、ストーリーのテンポの良さで欠点をまるっとカバーできている感じ。
鬼畜イケメン教師(?)と健気な教え子の関係性も魅力的でしたしね。
今後も期待できそうな新作なので、続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
暗殺教師の矜持にかけて――少女の存在価値を世界に示せ
貴族のみが化物と戦う力・マナを持つ世界。青年クーファは、公爵家に生まれながら無才の少女メリダの才能を見出すため、家庭教師として派遣される。彼女に才能がなければ、暗殺――という、裏の任務を負って……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女

灰色のマリエ2

『灰色のマリエ2』(文野さと著/レジーナ文庫)★★★★☆

灰色のマリエ〈2〉 (レジーナ文庫)
灰色のマリエ〈2〉 (レジーナ文庫)

前巻の感想はこちらから


2016年1月刊。初出はレジーナブックス2014年12月刊。
親しみを感じなければ灰色にしか見ることができない、不思議な目を持つマリエ。
そんなマリエの偽りの結婚を描く物語ですが、2巻で綺麗に完結。
不実な夫だったエヴァラードの自業自得祭が楽しくも切ない、とても素敵なラブロマンスでした。

☆あらすじ☆
幼い頃からの憧れの人、ヴィリアンの願いを聞き入れ、彼の孫息子のエヴァラードと夫婦になったマリエ。だが、二人の関係は病に侵されているヴィリアンが天に召されるまでの期限付き。一見、砂上の城のような関係ではあるものの、いつしか、二人はこの暮らしに居心地の良さを感じるようになっていた。しかし、互いに一歩踏み込めず、決定的な変化は訪れない。そんな時、ヴィリアンの容体が急変して―。かりそめの結婚から始まった二人の恋の結末は?文庫だけの書き下ろし番外編も収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰色のマリエ2