エチュード春一番 第一曲 子犬のプレリュード

『エチュード春一番 第一曲 子犬のプレリュード』(荻原規子著/講談社タイガ)★★★☆☆

エチュード春一番 第一曲 小犬のプレリュード (講談社タイガ)
エチュード春一番 第一曲 小犬のプレリュード (講談社タイガ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年1月刊。
「RDG」「勾玉三部作」の荻原規子さんの最新作。
主人公である女子大生が出会ったのは、神さまを名乗るパピヨン犬。
不思議な犬との共同生活が始まる中、かつての同級生と大学で再会したことをきっかけに、主人公は不可思議な騒動に巻き込まれていくことになるのです。
事件そのものはあまり奇をてらうものではなく、サブタイ通りシリーズの「前奏曲」という感じ。
ラストの展開は予想通りであってもニヤリとしてしまったので、シリーズが続けば更に面白くなりそうです。続刊に期待!

☆あらすじ☆
「あなたの本当の目的というのは、もう一度人間になること?」大学生になった春、美綾の家に迷い込んできたパピヨンが「わしは八百万の神だ」と名乗る。はじめての一人暮らし、再会した旧友の過去の謎、事故死した同級生の幽霊騒動、ロッカーでの盗難事件。波乱続きの新生活、美綾は「人間の感覚を勉強中」の超現実主義の神様と噛み合わない会話をしながら自立していく──!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エチュード春一番 第一曲 子犬のプレリュード

星野宮桜子の三度目の正直。

『星野宮桜子の三度目の正直。』(日咲ユサ著/ビーズログ文庫アリス)★★★★☆

星野宮桜子の三度目の正直。 (ビーズログ文庫アリス)
星野宮桜子の三度目の正直。 (ビーズログ文庫アリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年1月刊。
現代日本(?)が舞台となる悪役令嬢転生&ループファンタジー。
二度も10代で死亡し(しかも刺殺)、三度目の人生をスタートさせた星野宮桜子。
自身がアニメ原作乙女ゲームの悪役令嬢であることに気づいた桜子が、安穏な老衰を目指して自分磨きとフラグ回避に奮闘する物語です。
この巻はアニメ&ゲームスタート前の小学生時代を描いているのですが、桜子と幼なじみの少年の関係性が私の萌えに直撃して死ぬほど悶えました。
子ども時代の初恋未満なふたりが可愛すぎる!!
ストーリー自体はやや盛り上がりに欠けるところもありましたが、テンポの良い文体と続きが気になる展開の数々にあっという間に読んでしまいました。
続きがとても楽しみな新作です٩( ‘ω’ )و

☆あらすじ☆
西野美優は思い出した。これが乙女ゲームにもなった大人気アニメ『キミ☆らぶ』の世界で、悪役令嬢・星野宮桜子が愛しの京極会長に婚約破棄をされ、断罪される場面であることを。え、桜子って私!? このままじゃまずいと慌てて逃げ出した先は――まさかの刺殺エンド。こんなの知らない! はっと気づいたら、今度は桜子・5歳!? 三度目の人生、こうなったら老衰目指して「生き残り計画」開始!
※〈電子DX版〉として、電子限定の書き下ろしショートストーリー付き!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 星野宮桜子の三度目の正直。