クロックワーク・プラネット4


『クロックワーク・プラネット4』(榎宮裕・暇奈椿著/講談社ラノベ文庫)★★★★☆

クロックワーク・プラネット4 (講談社ラノベ文庫)
クロックワーク・プラネット4 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年1月刊。
つい先日アニメ化が発表されたオーバーホール・ファンタジーの第4弾。
当初の予定では3巻で終わるところを、アニメ化するということで4巻以降も続くことになったそうです。
アニメ化ありがとう!!

☆あらすじ☆
ヴァイネイ・ハルターが裏切った……?「……どういう、ことなの。ハルター、何の真似よこれ!!」死んだ地球のすべてが、時計仕掛けで再現・再構築された世界――ナオトたちが訪れたのは世界最悪の犯罪都市、区画・シャングリラ。だがそこで待っていたのは裏切りと陰謀と、そして新たなInitial-Yで――。榎宮祐×暇奈椿×茨乃が紡ぐオーバーホール・ファンタジー第四弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

「セカンド・イプシロン」として世界的なお尋ね者となったナオト一行。
そんな彼らが訪れた悪徳の街区画・シャングリラで、ハルターが突然裏切って・・・・・・という衝撃の幕開けをするシリーズ第4弾。

 

思いっきりハルター回ですね。
ハルターという機械人間のオッサンが、いかに渋くハードボイルドに格好いいかを魅せるためだけの話といっても過言じゃない。
シャングリラという街は、アウトローな世界でこそ輝くハルターを立てるための舞台装置なわけですね。
ナオトたちですらやや添え物気味。天才性の再確認はありましたが。
あ、アンクルは安定の天使でした。

 

そんな感じで前巻までとはちょっと毛色が違う印象だったのですが、今回は暇奈さん主体で書かれた話だったそうで納得。
正直とても読みやすかったです。3巻は榎宮さんが暴走気味だったので・・・・・・。
榎宮節の中二全開でハイテンションな熱さはなかったものの、ハルターの静かな熱さが感じられてこれはこれでアリ。こういうの好きです。

 

ストーリーそのものは面白かったし読みやすかったのですが、シリーズ的にはあまり話が進みませんでした。
まぁ、新しいinitial-Yシリーズのテンプが登場し、「Ω」の居場所が判明したことを考えれば、新章の序章といった感じの位置づけになるのでしょうか。

 

テンプといえば、彼女は何キャラになるんでしょうw
中二なチョロインか?
リューズを煽るだけ煽るキャラとして面白かったのですが、仲間入りしたわけじゃないので今後どういう立ち位置に立つのか楽しみです(今さら敵に戻ってもギャグにしかならないし)

 

今回もとても面白かったです。
アニメ化が決まったことによってシリーズはまだ続くそうなので安心しました。残る問題は刊行ペースだけだ・・・・・・!

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。