おこぼれ姫と円卓の騎士13 再起の大地

『おこぼれ姫と円卓の騎士 再起の大地』(石田リンネ著/ビーズログ文庫)★★★★☆

おこぼれ姫と円卓の騎士 再起の大地 (ビーズログ文庫)
おこぼれ姫と円卓の騎士 再起の大地 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年1月刊。
ウルク帝国編の後編。
今回も安定の面白さでした。
しかし何だか色々と次回以降への布石が見られて、事件は終わったのに落ち着くどころかソワソワと・・・・・・w

☆あらすじ☆
病に侵された人々と、国を救え――。最強女王伝説第13弾!
砂漠の女神が告げた『沼地の魔物』とは――。意味が分からぬまま都に戻ろうとした未来の女王レティ―ツィアを、ウルク帝国第一皇子カリムの兵が阻止してきた! 何かが起きたと察したレティは彼を問い詰め――兄が死亡率の高い流行病に侵されたことを知る。怒りが湧くものの、国を憂うカリムの言葉で協力を決めたレティだが、そこへあの軍師ゼノンが近付いてきて……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おこぼれ姫と円卓の騎士13 再起の大地

聖女と王様

『聖女と王様』(かなざわありこ著/ビーズログ文庫)★☆☆☆☆

聖女と王様 (ビーズログ文庫)
聖女と王様 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年1月刊。
「闇の皇太子」シリーズの金沢有倖さんが別名義(になるのか?)で出した勘違い系溺愛ラブコメ。
誤字脱字が本当に凄まじく、面白い面白くない以前の問題です。
私は小説の誤字脱字をあまり気にしないタイプの人間だと思っていたのですが、ちょっと認識を改めないといけないのかもしれません。脳内補完が追いつかないレベルってどういうこと。
文法もなんだかおかしくて、書いてある日本語の意味を理解するところから躓くという・・・・・・。
そうして読んだストーリーもあまり好みじゃありませんでした。残念。

☆あらすじ☆
絶対的王者が恋をすると──!? 強力タッグで贈る胸キュンラブ登場!
世界を統べる頂点──有能だが冷酷と評判の王帝の即位承認式のため、聖域から出てきた世間知らずの翡翠。ちょっと(シスコンの)国王の兄のところへ行こうとしたら、いつものように迷子になってしまった! 実は翡翠は王帝すらも跪かざるをえない【聖乙女】。周りが捕獲に走る中、翡翠は美貌の男と出逢う──が、それは何か誤解だらけの出逢いで!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖女と王様

最弱無敗の神装機竜1

『最弱無敗の神装機竜〈バハムート〉』(明月千里著/GA文庫)★★★☆☆

最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫ (GA文庫)
最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫ (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2013年8月刊。
アニメ放送中ということで話題になっていたので挑戦。
革命によって滅びた国の王子が、少女しかいない学園に入学することになるという学園ファンタジー。
あらすじと基本的な展開は最近よく見かける感じではあるものの、主人公の「亡国の王子」という設定がなかなか面白く使われていたのが印象的でした。
1巻はまだキャラと世界観の紹介だけという感じですが、これから面白くなりそうなので続きも読んでいきたいと思います。

☆あらすじ☆
五年前、革命によって滅ぼされた帝国の王子・ルクスは、誤って乱入してしまった女子寮の浴場で、新王国の姫・リーズシャルテと出会う。「……いつまでわたしの裸を見ている気だ、この痴れ者があぁぁっ!」 遺跡から発掘された、古代兵器・装甲機竜≪ドラグライド≫。かつて、最強の機竜使い≪ドラグナイト≫と呼ばれたルクスは、一切の攻撃をしない機竜使いとして『無敗の最弱』と、今は呼ばれていた。リーズシャルテに挑まれた決闘の末、ルクスは何故か、機竜使い育成のための女学園に入学することに……!? 王立士官学園の貴族子女たちに囲まれた、没落王子の物語が始まる。王道と覇道が交錯する、“最強”の学園ファンタジーバトル、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 最弱無敗の神装機竜1