夜桜ヴァンパネルラ2

『夜桜ヴァンパネルラ2』(杉井光著/電撃文庫)★★★☆☆

夜桜ヴァンパネルラ (2) (電撃文庫)
夜桜ヴァンパネルラ (2) (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


2016年1月刊。
吸血鬼+ポリスアクション第2弾。
吸血種と人間の対立構造が更にみえてきました。
知れば知るほど闇が深い世界観ですね・・・・・・(´・ω・`)

☆あらすじ☆
血を啜る怪物“吸血種”を狩る、もうひとつの組織―浄血官。法を無視して無慈悲な駆除を続ける彼らと、あくまで法を遵守する捜査九課とは激しく対立していた。そんな折、浄血官が拉致・殺害される事件が発生。恋人を殺されて復讐に燃える女吸血種の存在が浮かび上がる。捜査九課の美しき“真祖”の少女・倫子とその相棒の一途バカ・紅朗は、復讐者を追い、複雑化する事件の中に迷い込む。やがてたどり着いた哀しい真実の前に、二人が選んだのは―加速するイノセント・ヴァンパイア・アクション、第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 夜桜ヴァンパネルラ2

汚れた赤を恋と呼ぶんだ(階段島シリーズ3)

『汚れた赤を恋と呼ぶんだ』(河野裕著/新潮文庫nex)★★★★☆

汚れた赤を恋と呼ぶんだ (新潮文庫nex)
汚れた赤を恋と呼ぶんだ (新潮文庫nex)

前巻の感想はこちらから


2015年12月刊。
シリーズ第1作「いなくなれ、群青」と対をなす物語。
階段島の外で何が起こっていたのかがようやく分かってスッキリしました。
七草も真辺も繊細すぎてもどかしい・・・・・・。

☆あらすじ☆
これは僕の失恋であり、同時に、初恋の物語だ。
七草は引き算の魔女を知っていますか――。夏休みの終わり、真辺由宇と運命的な再会を果たした僕は、彼女からのメールをきっかけに、魔女の噂を追い始める。高校生と、魔女? ありえない組み合わせは、しかし確かな実感を伴って、僕と真辺の関係を侵食していく。一方、その渦中に現れた謎の少女・安達。現実世界における事件の真相が、いま明かされる。心を穿つ青春ミステリ、第3弾。

以下、ネタバレありの感想はこちらから

続きを読む 汚れた赤を恋と呼ぶんだ(階段島シリーズ3)