サムライ・オーヴァドライブ 桜花の殺陣

『サムライ・オーヴァドライブ ー桜花の殺陣ー』(九岡望著/電撃文庫)★★★☆☆

サムライ・オーヴァドライブ ―桜花の殺陣― (電撃文庫)
サムライ・オーヴァドライブ ―桜花の殺陣― (電撃文庫)

2016年1月刊。
「エスケヱプ・スピヰド」の九岡望さんの新作は、最強の少女剣士と、その護衛を任された少年の出会いから始まる刀剣バトルアクション。
世界観や設定が込み入っていて、なかなか理解して読むのが大変でした。ところどころ読みづらい箇所があったのも気になりましたし・・・・・・。
ただ、まだまだ序章といった感じなので今後に期待したいところ。
面白そうな伏線が張られてますし、私の好きな男女のバディもの(になりそう)なので続きが楽しみな新作です。

☆あらすじ☆
銃よりも、戦車よりも、“刀剣”が強き力を持つ“もう一つの現代”――。それらを受け継いだ少年少女たちによる、新時代の剣戟バトルの火蓋が切られる!  刀剣ヲタクが高じ、刀剣管理機構『SEAS』に籍を置いた少年・方助は、かつて自分の命を救った一振りの“業物”の使い手と邂逅する。しかし方助の記憶と異なり、その人物は年端もいかない少女で、さらに初対面の方助が本気で心配するほど世間知らずで気弱であった。だが、ひとたび愛刀に手をかけた少女・鳴の一撃はもはや“天変地異”の領域で――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む サムライ・オーヴァドライブ 桜花の殺陣