終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?4


『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? #04』(枯野瑛著/角川スニーカー文庫)★★★★☆

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#04<終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?> (角川スニーカー文庫)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#04(角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年1月刊。
開始早々、心を折られました。そういうところがあまりにもこのシリーズらしくて泣けてきます。
今回はある意味で過去編。ヴィレムが失った思い出が切なすぎました。

☆あらすじ☆
妖精兵クトリ・ノタ・セニオリスは消滅し、ヴィレム・クメシュ二位技官は妖精兵ネフレンと共に闇に呑まれた。物語は、終わったはずだった。――しかし。ヴィレムは、見覚えのある部屋で目覚める。「……おとー、さん?」語りかけるのは、すでに亡き存在の娘アルマリア。そして、かつての仲間ナヴルテリが伝える真界再想聖歌隊(トゥルー・ワールド)の真実。それは時の彼方に過ぎ去ったはずの終末の光景――。夜闇の中、新たな《獣》が咆哮を上げる。

以下、ネタバレありの感想です。

 

開始早々判明するクトリの死。
ナイグラートの憔悴に涙がこみ上げてきます。
クトリの死は予想通りなのか予想外なのか・・・・・・このままなのか、起死回生はあるのか。ハッピーエンドはどこに。

 

一方のヴィレムはネフレンと共に過去の世界へ。
何らかの精神攻撃であるとの予測のもとに行動を開始するふたり。彼らの目の前に現れたのは義娘アルメリアと懐かしい人々。
贋物だとわかっていても、優しい夢に浸ってしまうヴィレムを誰が責められるでしょうか。
というか、ただでさえ壊れそうだったヴィレムにこんな展開もってくるなんて、本当に神様(作者)は残酷ですね・・・・・・!

 

そんな夢の世界で、徐々に明らかになる終末の真実。
真界再想聖歌隊(トゥルー・ワールド)の秘密とか、獣の秘密とか、そこらへんは既にヒントが出されてほのめかされた真実の確認という感じでした。
アルメリアの結末についても・・・・・・うん・・・・・・分かっていてもやっぱり辛いなぁ。

 

しかし、このラストは予想していませんでした。
相変わらずの悲哀に満ちたバトルにハラハラしていたら、そこから更にこんな絶望に落とすなんて!
あらすじにあった「新たな獣」って・・・・・・!

これ本当にどうするんでしょう?
ヴィレムどうなっちゃうんでしょうか?

 

今後の展開の鍵を握っているのは、クトリと繋がりがありそうな緋色の髪の少女
彼女の行動がどうにかハッピーエンドを呼び寄せてくれないものかと祈るばかりです。

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。