この素晴らしい世界に祝福を!8 アクシズ教団VSエリス教団

『この素晴らしい世界に祝福を!8 アクシズ教団VSエリス教団』(暁なつめ著/角川スニーカー文庫)★★★★☆

この素晴らしい世界に祝福を! (8) アクシズ教団VSエリス教団 (角川スニーカー文庫)
この素晴らしい世界に祝福を! (8) アクシズ教団VSエリス教団 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年1月刊。
あとがきに「たまには息抜き巻という事で」とあるのですが、「息抜き巻」の意味を深く考えてしまったほど平常運転な第8巻。
あ、でもラブ多めかも?・・・・・・いえ、やっぱりいつも通りですね。

☆あらすじ☆
エリス祭りはあるのに自分のお祭りがないのは不公平なので、アクア祭りをやると言い出したアクア。しぶしぶ協力するカズマだったが、クリスまで手伝いに入れられてしまって――。街中を巻き込んだ大騒動が始まる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む この素晴らしい世界に祝福を!8 アクシズ教団VSエリス教団

スノー・ドロップ セリアと恋の調薬師

『スノー・ドロップ セリアと恋の調薬師』(萩野てまり著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

スノー・ドロップ セリアと恋の調薬師 (角川ビーンズ文庫)
スノー・ドロップ セリアと恋の調薬師 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年1月刊。
第13回ビーンズ小説大賞「優秀賞」受賞作。
王宮薬草師の少女が、元王宮薬草師で媚薬売りのところへ潜入し、彼の秘密を探ろうとする物語。
話のテンポと勢いが良いので一気に読める作品でした。
何でもありな異空間「ヒース」という設定と、三角関係に発展していくストーリーはなかなか面白かったです。
ただ、ヒーローが子どもっぽすぎて好みでなかったのは残念。あとがきにあるように本当にゴミみたいな性格してるんですよねぇ・・・・・・。

☆あらすじ☆
王立四天王といわれる狭き門の王宮薬草師。弱冠十七歳で王宮薬草師となったセリアは、媚薬師として荒稼ぎするリシャールのもとへ潜入捜査を命じられる。だけどリシャールは美形な容姿とは裏腹に口も性格も最悪で!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む スノー・ドロップ セリアと恋の調薬師