竜殺しの軍師 とある詐欺師の英雄譚


『竜殺しの軍師 〜とある詐欺師の英雄譚〜』(羽田遼亮著/ファミ通文庫)★★★☆☆

竜殺しの軍師 ~とある詐欺師の英雄譚~ (ファミ通文庫)
竜殺しの軍師 ~とある詐欺師の英雄譚~ (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年12月刊。
軍師を騙る詐欺師が、名実共に本物の軍師となっていく道のりを描くファンタジー戦記。
小悪党っぽく振る舞うくせに、実はお人好しな主人公。その憎めないキャラが良かったです。
主人公が詐欺師であることを自負している以外は、戦記モノの王道を行く始まりの物語という感じ。
ちょっと分かりづらい設定があったのですが、今後明らかになるのかな。期待しています!

☆あらすじ☆
「俺が巷で噂になっている天秤評議会一の軍師、白銀のエシルである」少年カイルは、この戦乱の世を逞しく生きる詐欺師だ。今日もまんまと騙された田舎娘を獲物にしてご馳走にありついていた彼だったが、なりゆきから彼女の村を盗賊から本当に救わねばならなくなってしまう。しかも実は、白銀のエシルその人がすぐ近くにいることもカイルは全く気づいておらず……。天才的な軍略で稀代の軍師となったカイルの活躍を描くファンタジー戦記ここに開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

 

高名な軍師「白銀のエシル」を騙り、山賊に苦しめられる村人をカモにしようとした詐欺師カイル
しかし報酬の駆け引きをはじめ色々とミスが祟った上に、人の良い村人に結局絆されたカイルは、持ち前の機転を利かせて本当に山賊を討伐してしまうことになるのです。

 

この最初のエピソードからすでに隠しきれていないカイルのお人好しっぷりw
本人が露悪的な態度をとるせいで余計に「そんなこと言っちゃって〜。どうせ助けるんでしょ?」と素直じゃないツンデレを眺める生温かい気分になってしまいました。エリーのニヤニヤがすごくわかるww
冒頭の軽薄なノリは正直苦手でしたが、なんだかんだで責任感のある主人公だったので良かったです。

 

そんなカイルの才能を見出したのは、「本物のエシル」である年齢不詳見た目童女なエリー
弟子にしたいというエリーの申し出を断っているうちに、カイルは王女フィリスを助けたことから彼女の軍師として抱えられることになるのです。

 

高潔で可愛らしいフィリスと、そんな彼女にやっぱり絆されてしまったカイル。
カイルが微妙にまだ腹をくくっていないような気もしますが、新たに生まれた主従が今後どういう関係を築いていくことになるのか楽しみです。

 

物語の方向性的には、セイラムが軍師としてつくロウクス王国とカイルが軍師としてつくエルニカ王国との戦争がメインになるのでしょうか。
「竜殺し」ってロウクスの龍星王フォルケウスを倒すって意味でしょうし。
かなり手強そうなセイラム&フォルケウスとの対決が今からとても待ち遠しいです。

 

ストーリー自体は割とシンプルだったのですが、よく分からなかったのは、エリーをはじめとした天秤評議会の軍師たちの正体
エリーやセイラムは何百年も生きているようですが、結局彼らは人間じゃないの??
エリーが自分の寿命を悟ってカイルを後継者にしようとしているってことは、天秤評議会の軍師になったらカイルも人間じゃなくなるのかな。

 

まだ序章なので、そのへんは今後明らかになるのでしょう。引っかかりすぎてストーリーに集中できなかったのであまり引っ張って欲しくない謎ですが。

続刊に期待しています(^^)/

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。