竜殺しの軍師 とある詐欺師の英雄譚

『竜殺しの軍師 〜とある詐欺師の英雄譚〜』(羽田遼亮著/ファミ通文庫)★★★☆☆

竜殺しの軍師 ~とある詐欺師の英雄譚~ (ファミ通文庫)
竜殺しの軍師 ~とある詐欺師の英雄譚~ (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年12月刊。
軍師を騙る詐欺師が、名実共に本物の軍師となっていく道のりを描くファンタジー戦記。
小悪党っぽく振る舞うくせに、実はお人好しな主人公。その憎めないキャラが良かったです。
主人公が詐欺師であることを自負している以外は、戦記モノの王道を行く始まりの物語という感じ。
ちょっと分かりづらい設定があったのですが、今後明らかになるのかな。期待しています!

☆あらすじ☆
「俺が巷で噂になっている天秤評議会一の軍師、白銀のエシルである」少年カイルは、この戦乱の世を逞しく生きる詐欺師だ。今日もまんまと騙された田舎娘を獲物にしてご馳走にありついていた彼だったが、なりゆきから彼女の村を盗賊から本当に救わねばならなくなってしまう。しかも実は、白銀のエシルその人がすぐ近くにいることもカイルは全く気づいておらず……。天才的な軍略で稀代の軍師となったカイルの活躍を描くファンタジー戦記ここに開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 竜殺しの軍師 とある詐欺師の英雄譚