異世界魔導古書店 チート魔力あるけど、まったり店員することにした


『異世界魔導古書店 〜チート魔力あるけど、まったり店員することにした〜』(年中麦茶太郎著/ファミ通文庫)★★★☆☆

異世界魔導古書店 ~チート魔力あるけど、まったり店員することにした~ (ファミ通文庫)
異世界魔導古書店 ~チート魔力あるけど、まったり店員することにした~ (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年12月刊。
異世界に転生した元勇者が、女神の古書店で店員をするお話。
タイトル通りのまったりした雰囲気でちょっと起伏が足りないのですが、主人公とヒロインの関係がとても好みでした。
天才だけどアホの子なヒロインと、そんな彼女を可愛い可愛いって思いながらついつい構ってしまう年下男子の構図は少年向けでは意外と珍しいような?まぁ前世を含めると「年下」じゃないんですけど。

☆あらすじ☆
地球最強の異能者『勇者』タクトは魔王を倒した瞬間、異世界に転生してしまった! 運よく古書店を営む女神クララメラに育てられ14歳になったタクトは、前世から引き継いだ能力を使い、危険な魔導書を仕入れたりと古書店を切り盛りするようになっていた。そんなある日。銀髪の美少女セラナが店を訪れる。魔術学院の生徒として抜群に優秀だが、かなり抜けている彼女に興味を持ち、タクトは依頼を受けようとするが――。『小説家になろう』発最強古書店員の異世界冒険譚、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

 

魔王を倒した瞬間、見知らぬ異世界で赤ん坊となっていた「勇者」タクト
女神クララメラの養子として育ったタクトは、ぐーたらな女神に代わり魔導古書店アジールを切り盛りする毎日のなかで、店を訪ねてきた学生セラナと出会うことになるのです。

 

魔導書古書店という設定が面白くて好みでした。
古書店って独特な魅力がありますよねw
お店にくるお客さんの話も良いのですが、魔導書の仕入れの話とかもっと読んでみたいなぁ。序盤の不遜なタクトはなかなか格好良かったですし。

 

物語は、タクトの平和な古書店員生活やセラナとのラブコメをまったり描きつつ、冒頭に登場するグリモワールに関わる騒動へと発展していくのですが、セラナの校内トーナメントがストーリー的には大きな山場となっているのかな?
そこで物語を盛り上げた後もゆるっと話が続くため、1冊の小説としては微妙に据わりが悪い。なろう小説書籍化の悪いところが出ちゃっている気がして残念でした。
ただまぁこの点については、私がクライマックスを最後に持ってきてほしい派なだけかもしれませんけどね。

 

そういう構成の不満点はありましたが、各エピソードはのほほんとした平和な雰囲気は心地良くて、読んでいて楽しい作品でした。
というか、ストーリー以上にキャラが好きだからまったり楽しめたということはあるのかも。

 

タクトはタイトル通りチートではあるものの、前世16歳現世14歳ということで微妙に子供っぽさがある主人公。毒舌で自信家だけどなんだか可愛げがあって良かったです。

 

タクトを可愛いと思えたのはセラナとの絡みがあるからっていうのも大きい。
もうセラナが可愛すぎて、めちゃくちゃ好みでしたw
天才。だがしかしアホ。うん。これはほっとけない!

 

なんだかんだでセラナに絆されて構ってしまうタクトにもニヤニヤ。もう結婚してしまえ。
心の中で「可愛い」言い過ぎだと思うのです。無意識かな?可愛いな?

 

タクトとセラナの可愛い関係がとても好みだったので、ぜひ続刊を出して欲しいです。
次はもうちょっとストーリー的にも盛り上がりがあるといいな。
ぐーたら女神さまの出番も増えると嬉しいです。

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。