ダメ魔騎士の英雄煌路


『ダメ魔騎士の英雄煌路〈ヘルトシュトラッセ〉』(藤木わしろ著/MF文庫J)★★★☆☆

ダメ魔騎士の英雄煌路(ヘルトシュトラッセ) (MF文庫J)
ダメ魔騎士の英雄煌路(ヘルトシュトラッセ) (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年12月刊。
第11回MF文庫Jライトノベル新人賞「佳作」受賞作。
色々な意味でダメすぎる魔騎士が、騎士としてはあるまじきやり方で「英雄」を目指す物語。
突出した部分がもう少し欲しかったものの、手堅くまとまった作品だと思います。
主人公とヒロインの関係がなかなか好みだったのでシリーズ化するなら楽しみな作品になりそうな予感。

☆あらすじ☆
騎士国家センタリアの下級魔騎士アルフは、仕事には毎日遅刻&サボり、模擬試合でも全敗、周囲から恋人関係と誤解されるような妹・アンリの世話を受け、公私ともにダメの烙印を押されている。しかし、亡き両親の思い出の詰まった大切な自宅が出火、焼失。アルフは家の再建のため武闘大会『騎士祭典』での優勝を目指す。だが――「あなたを更生するのが私の仕事です」手段を選ばないアルフの卑怯な戦い方に幼馴染のセンタリア王姫・リーネの怒りが爆発、ダメダメなアルフの更生に乗り出して!? 

以下、ネタバレありの感想です。

 

両親を亡くし妹と二人きりで暮らす下級魔騎士アルフ
国の治安を守る魔騎士としてやる気も実力も自覚もない上に、妹アンリからは要介護扱いされるダメっぷり。
そんなアルフのダメすぎる暮らしは、同僚との諍いがこじれた結果家を焼失したことから次第に変化していくことになるのです。

 

前半は放火犯に復讐するための「騎士祭典」への出場、後半は他国によって仕掛けられた「神闘」への参戦、といった感じになかなか詰め込まれた内容なのですが、圧縮感はそれほどなくスムーズにストーリーが進んでいく印象を受けました。

 

世界観は好みなので今後があればさらに掘り下げてほしいところ。
戦後の緩んだ空気の中を「神闘」という要素を持ち込んで危機感を煽るのは良い感じ。
ただ逆にそれだけで「不完全な平和」を表現するのはやや強引かも?と思ったり。
対外関係についてはともかく、国内での「突然の平和」による変化の問題についての詳しい内容は今後描かれていくのでしょうか。

 

キャラも悪くなかったです。
アルフの、「卑怯」と呼ばれようと自分の決めた道を突き進もうとする熱意は主人公らしくて良かったですし、盛り上がるべきところで熱く盛り上がれるのも個人的にはポイント高し。
法術絡みがちょっと分かりづらかったのは残念といえば残念でしたが、脳筋にズルして勝つ戦い方は好きです。もっとズルしてくれても良いくらいw

 

アルフとリーネの関係は可愛らしくて好みです。
リーネは結婚するつもりだったのか・・・・・・これは「新婚旅行」がどうなるのか楽しみですね!!w

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。