ダメ魔騎士の英雄煌路

『ダメ魔騎士の英雄煌路〈ヘルトシュトラッセ〉』(藤木わしろ著/MF文庫J)★★★☆☆

ダメ魔騎士の英雄煌路(ヘルトシュトラッセ) (MF文庫J)
ダメ魔騎士の英雄煌路(ヘルトシュトラッセ) (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年12月刊。
第11回MF文庫Jライトノベル新人賞「佳作」受賞作。
色々な意味でダメすぎる魔騎士が、騎士としてはあるまじきやり方で「英雄」を目指す物語。
突出した部分がもう少し欲しかったものの、手堅くまとまった作品だと思います。
主人公とヒロインの関係がなかなか好みだったのでシリーズ化するなら楽しみな作品になりそうな予感。

☆あらすじ☆
騎士国家センタリアの下級魔騎士アルフは、仕事には毎日遅刻&サボり、模擬試合でも全敗、周囲から恋人関係と誤解されるような妹・アンリの世話を受け、公私ともにダメの烙印を押されている。しかし、亡き両親の思い出の詰まった大切な自宅が出火、焼失。アルフは家の再建のため武闘大会『騎士祭典』での優勝を目指す。だが――「あなたを更生するのが私の仕事です」手段を選ばないアルフの卑怯な戦い方に幼馴染のセンタリア王姫・リーネの怒りが爆発、ダメダメなアルフの更生に乗り出して!? 

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダメ魔騎士の英雄煌路

隠れ姫いろがたり2 雪の下

『隠れ姫いろがたり ー雪の下ー』(深山くのえ著/小学館ルルル文庫)★★★★☆

隠れ姫いろがたり-雪の下- (ルルル文庫)
隠れ姫いろがたり-雪の下- (ルルル文庫)

前巻の感想はこちらから


2015年12月刊。
元々は読み切りを予定していた作品とのことですが、上下巻構成で綺麗にまとまって完結。
互いに曰くを抱えた皇族の謎と恋を描いた平安ものとして読み応えのある作品でした。
恋をする覚悟ができた宮様の格好良さは破壊力抜群・・・・・・!!

☆あらすじ☆
さらわれた皇女の平安恋絵巻、完結編!
男女の双子の皇女として生まれた純子(いとこ)は、三歳のとき何者かにさらわれ宇治川に小舟で独り流されたものの、川辺を通りかかった老夫婦に保護され育てられた。十二年後、素性が判明して都に戻されたが、すっかり庶民の娘に育っていることに周囲は失望する。そんなとき、教育係としてやってきた兵部卿宮の理登(あやなり)に純子は次第に心ひかれ、理登もまた純子を愛するようになった。お互いの気持ちを確かめ合った二人だが、純子の生母である弘徽殿の女御は、密かに他家への縁談を画策し、意のままにならない純子を監禁する。なんとしても理登の元へ…!覚悟を決めた純子は、己の力で抜け出そうとするが・・・。
二人の恋の行方は? そしてついに明らかになる十二年前の事件の真相とは!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 隠れ姫いろがたり2 雪の下