サ法使いの師匠ちゃん


『サ法使いの師匠ちゃん』(春原煙著/GA文庫)★★★★☆

サ法使いの師匠ちゃん (GA文庫)
サ法使いの師匠ちゃん (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年12月刊。
第7回GA文庫大賞「優秀賞」受賞作。
救世主を召喚したら女子高生詐欺師が現れた!?という異世界召喚ファンタジー。
とにかく胡散くさ可愛いヒロインが強烈な作品でした。徹底的に胡散臭いし言ってることは何一つ信用できないのに、なぜか格好良くて頼りがいを感じてしまうヒロインがとても素敵ww
そんな彼女に鍛えられる落ちこぼれ主人公とゴブリン娘のコミカルな掛け合いも楽しかったです。

☆あらすじ☆
魔法使いを凌駕する伝説の救世主、『サ法使い』。だが、落ちこぼれ魔法使いジェラールが召喚できたのは――「何なのそれ? あたし可愛すぎるだけの普通の高校生なんだけど?」なんだか胡散臭い女子高生・鷺坂詩子だった!?「あたしの自己啓発セミナーで、ハッピーライフにステップアップしちゃおうよ。新しい自分を見つけられたら、心のパワーで魔法とかジャンジャンバリバリになっちゃうから(※あくまで個人の感想です)。乗るしかない、このビッグウェーブに!」ナンパにセクハラ、怪しげな精神論などテキトーな修行で、弟子のジェラールを鍛えたら、ついでに世界も救っとく?異世界ファンタジー魔法コメディ型詐欺!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

落ちこぼれの魔法使い見習いジェラルドが物は試しに伝説の「サ法使い」を召喚してみたところ、現れたのは自称・可愛いだけの女子高生鷺坂詩子

とりあえずジェラルドの「師匠ちゃん」となった詩子は元の世界に帰る方法を探しながらジェラルドを教育していくことを引き受けるのです。

 

いやぁ・・・・・・ほんとに胡散臭い・・・・・・。
未だかつてここまで胡散臭いヒロインはいたでしょうか(遠い目)

エセ自己啓発系のセリフのオンパレードに「あ、なんかこういうこと言ってた人リアルにいたなぁ」と過去を振り返ってしまいました。
あと○日新聞ネタはひどいww 思わず「○声人語」を見ちゃったら似たようなことが書いてあって吹いてしまったじゃないですか!!

 

それはおいといて。

 

魔法は使えないけれど持ち前の口の巧さをいかした「詐法」によって、ジェラルドを鍛えたりトラブルを受け流したりする師匠ちゃん。
「詐法」というか話術を使いまくる師匠ちゃんですが、彼女自身の軸がしっかりしているし踏み越えてはいけないラインをわきまえているのが伝わるので、胡散臭くても嫌悪感は全くないキャラなのはとても良かったです。
むしろ、逆にその揺るぎない安心感に頼りがいすら感じてしまうんですよね。「師匠ちゃんなら何とかしてくれる!」と思ってしまうほどのヒーロー感。

 

しかしそれだけでなく、ジェラルドをしっかり成長させ適切にフォローしていき「師匠」というポジションがブレることのなかったところも好印象。うまいバランスだったと思います。
「詐法」という奇抜な設定はあれど、しっかりジェラルドの成長物語として描ききっていて、それが心地の良いカタルシスを生んでいましたしね。

 

ストーリーも会話もテンポ良く進み、中だるみすることなく最後まで突っ走った本作。
ぜひシリーズ化してほしいです!
ジェラルド・ゴブ子・師匠ちゃんの3人旅とかになっても面白くなりそうですしw
期待しています(^^)/

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。