文句の付けようがないラブコメ5

『文句の付けようがないラブコメ5』(鈴木大輔著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★★☆

文句の付けようがないラブコメ5 (ダッシュエックス文庫)
文句の付けようがないラブコメ5 (ダッシュエックス文庫)

前巻の感想はこちらから


2015年12月刊。
4巻からスタートした展開の後編。
前回の前後編よりも結末が精神的に辛すぎて(´;ω;`)
全体的には6巻からの新たな展開に向けた準備回だったのかな?
6巻がかなり重要になりそうなので、続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
九十九機関の走狗としての己をつらぬいたユウキだが、そのことにより神との関係は振り出しに戻ってしまった。ふたたび始まる変わらぬ日々。セカイが身を削って世界を保ち、対価としてユウキがセカイに身を捧げるという、歪なかたち。それが続けられるならまだいいが、だがセカイの命は限界に近づき、いずれにせよ近いうちに世界は終わる。運命を変えられる可能性を持つのは、神として奇跡の力を揮える神鳴沢セカイしかいない。自分の役割と、愛する人を想う気持ちとの狭間で苦悩するユウキは、最終的に”新婚旅行”という奇妙な答えを導き出す。果たして彼の真意とは――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 文句の付けようがないラブコメ5

黒猫菓子店初恋日和

『黒猫菓子店初恋日和』(宇津田晴著/小学館ルルル文庫)★★★☆☆

黒猫菓子店初恋日和 (ルルル文庫)
黒猫菓子店初恋日和 (ルルル文庫)

2015年12月刊。
菓子職人のヒロインと、捨てられた彼女を拾った偏屈なヒーローのラブロマンス。
ちょっとヒーローが(ある意味)アホすぎるのと悪役が小物すぎるのが気になりましたが、軽く糖度を楽しめる安心の宇津田作品でした。

☆あらすじ☆
元婚約者にだまされて仕事も家も失った挙げ句、森に捨てられた菓子職人の少女マリエル。倒れていた彼女を拾ってくれたのは、謎めく青年ジルだった。女嫌いなくせに困っているマリエルを見捨てられないらしく、そっけない振りをしつつも、なにかと世話を焼いてくれるジル。彼が暮らす森の家には、同じように拾われたという幼い双子のきょうだいも住んでいて、マリエルは家事を引き受ける条件でジルたちと同居生活をすることに。いつか菓子職人の仕事に戻る日を願いつつ、家事のかたわら、お菓子作りに励んでいたある日。大富豪デュボワ家が新事業のために募集している菓子職人の候補に、自分が選ばれていたことを知ったマリエルは、チャンスをつかむために、デュボワ家の次期当主ジルベールに面会する。ところが「若き経済王」と呼ばれるカリスマ実業家のジルベールは、なんとジルにそっくり!? 混乱するマリエルに、ジルベールは甘い言葉で接近してきて…!!幸せいっぱい、極上スイーツ・ロマンス!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 黒猫菓子店初恋日和