孤高の精霊術士 強運無双な王都奪還物語


『孤高の精霊術士 強運無双な王都奪還物語』(華散里著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★☆☆

孤高の精霊術士 ―強運無双な王都奪還物語― (ダッシュエックス文庫)
孤高の精霊術士 ―強運無双な王都奪還物語― (ダッシュエックス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年12月刊。
天涯孤独となった少年が、持ち前の運の良さでピンチを乗り越えていく物語。
かなりサクサク進むので読みやすいのですが、ちょっとダイジェストっぽい感じがする展開の早さでした。WEB小説の書籍化にあたり全編書き下ろしたそうなので、その影響があるのかなぁと思ったり。
あと「孤高」と「強運」は今回はそこまで目立っていなかったのですが、この先で本領発揮となるのでしょうか。
ヒロインを筆頭にキャラは良かったです。

☆あらすじ☆
一番の武器は…「運」!? 小説投稿サイト「E★エブリスタ」ライトノベル部門第1位作品! 王都を目指す最中、偶然助けた魔獣が実は皇魔の女の子!? しかも俺の使い魔になるとか言いだしくっついて離れない!! 城では魔導師長と第一王子が国王を幽閉し国家転覆の大ピンチ!! 脅える民衆、国の無事を祈る姫。そんな中、俺が皇子だという新事実。だったら国も民も姫の想いも俺が救ってやろうじゃないか!! 運に愛されし皇子が立ち上がる時、偶然は必然を呼び寄せる。 弱くてもヘタレでも、誰よりツイてて愛される主人公が覇道を征く! 剣と魔法の王道無双ファンタジー、ここに開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

両親に先立たれ、育ててくれた祖父も亡くした少年ハルキ
父の知己を訪ねるため王都へ向かったハルキは、その道中で魔獣を助けたことにより魔族ユナと使い魔契約をすることに。さらに、到着した王都で自分が皇子であることを知り、王位簒奪の危機にある王宮を救えと言われるのです。

 

大まかな展開は割と素直に進んでいきます。
難所である王墓1つをクリアすれば後はボス戦、という感じでRPGの最初のイベントみたいな雰囲気。
王道的でスイスイ進むのでストレスなく楽しむことができました。
もうちょっとひねって欲しかった気もしますが、まだ1巻ですし本題はハルキの覚醒なのでこんなものでしょうか。

 

そのハルキですが、序盤以外はあまり「強運」な感じがなかったような?
たしかに運の良い人ですけど、それ以上にスペックが高くてそちらが目立っていた感じ。
王家と大賢者と最強騎士の血統って・・・・・・生まれながらのチートじゃないですか。
これもある意味彼の「強運」なのでしょうけれど、読む前に考えていたのとはちょっと違うんですよね(´・ω・`)
個人的には最初のユナを救出したときみたいな、幸運で「偶然」を呼び寄せる展開を期待していたので。
まぁチートはチートで面白いから良いか。

 

キャラはなかなか好みです。
特にユナ。
ユナほんと可愛い。ハルキに色仕掛けして後で照れまくるところとか。可愛い。
ただ、ユナのハルキに対するデレっぷりはイベントひとつスキップしたような急ぎ足を感じてしまいました。これは他のキャラに対しても言えるのですが。

 

事件そのものの展開も、キャラ同士の関係性の構築も、全体としてみると悪くないのになぜか急ぎすぎな印象。間がすっぽり抜けてしまったダイジェストのように感じたのは残念でした。
WEB版とはかなり展開が違うようなので、本来はもう少し何かあったのかもしれませんねー。WEB版ものぞいてみようと思います。

スポンサーリンク
 
0

「孤高の精霊術士 強運無双な王都奪還物語」への3件のフィードバック

    1. コメントありがとうございます!(名無しのラノベ読みさんと同じ方で良いんですよね?)

      時間がなくてWEB版はまだ軽く流し読みをしただけなのですが、序盤の展開だけをみてもダイジェスト版というより全くの別物となっているようです。
      設定も展開もかなり変更されている様子なので、(あとがきにも書いてありましたが)書籍版はWEB版とはパラレルワールドの物語と考えた方が良いと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。