魔法医師の診療記録2

『魔法医師〈メディサン・ドゥ・マージ〉の診療記録2』(手代木正太郎著/小学館ガガガ文庫)★★★★☆

魔法医師の診療記録 2 (ガガガ文庫)
魔法医師の診療記録 2 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年12月刊。
患者を異形に変じさせる妖病に挑む魔法医師の旅物語第2弾。
今度の相手は首なしのバケモノ「デュラハン」と、他人には見えないもう一人の自分「ドッペルゲンガー」。
相変わらず、中世ヨーロッパ風の世界観なのに、なぜか日本の伝奇小説を読んでる気分になる作品ですw
設定が呑み込めたこともあってか、前回よりも面白かったです!

☆あらすじ☆
彼女は言った――「魔物など、存在しない」。 太古の昔、医術と魔術とは、同一のものであった。 それを忘れた人々は、《妖病》と呼ばれる病の患者たちを、魔物と称し、忌み嫌った。 魔法医師の少女・クリミアと、彼女の幼なじみであり重大な妖病を抱えるヴィクターは、その治療法を探して旅を続ける。あるとき立ち寄った街にて、彼らは「もう一人の自分」と会話する少女と出会う。ドッペルゲンガー。魔法医学においてはすでに原因が判明しているはずの病だが、なぜか原因が見つからない。奇妙に思う二人に対し、少女は――首無しの魔物デュラハンの元から逃げてきたと告げたのだった。 ――理性を持つ首無しの生物。 長き歴史を誇る魔法医学界にも資料のない現象。では、それは理論では説明のつかない本物の魔物か……? しかしクリミアは、魔物の存在を認めない。自分のために、ヴィクターのために……。 時を同じくしてクリミアとヴィクターの元に、非道な研究で悪名を轟かす魔法医師が現れる。ヴィクターの妖病を知り、解剖したいと迫る彼女だが……。 はたして、デュラハン、そして少女のドッペルゲンガーの正体とは?魔法医学史上、もっとも稀な事例を取り扱った、第二集。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法医師の診療記録2

魔法師グリーシャの騎士団3 白光の召喚者

『魔法師グリーシャの騎士団3 白光の召喚者』(リー・バーデュゴ著/田辺千幸訳/ハヤカワ文庫FT)★★★★★

白光の召喚者 魔法師グリーシャの騎士団3 (ハヤカワ文庫FT)
白光の召喚者 魔法師グリーシャの騎士団3 (ハヤカワ文庫FT)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年6月刊。
最高に面白かったです!
三部作の完結巻。
壮絶な戦いを繰り返し希望を追い求めるアリーナたちの冒険はついに決戦の時へ。
こんなに素晴らしいファンタジーを読めたことに感謝する、最高のクライマックスでした。

☆あらすじ☆
〈アパラット〉の手を逃れて、地下の〈白の聖堂〉から脱出したアリーナとマルは、ニコライ王子に助けられ、デヴィッドらグリーシャの一団と共に三番目の増幅物である火の鳥の探索を開始する。だが、彼らの行く手には、〈闇の主〉の魔手が……傑作ファンタジイ三部作、堂々完結!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法師グリーシャの騎士団3 白光の召喚者