アンデッドガール・マーダーファルス1


『アンデッドガール・マーダーファルス1』(青崎有吾著/講談社タイガ)★★★★☆

アンデッドガール・マーダーファルス 1 (講談社タイガ)
アンデッドガール・マーダーファルス 1 (講談社タイガ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年12月刊。
面白かった!!
怪物が当たり前に存在する19世紀末ヨーロッパを舞台に、「鳥籠使い」と呼ばれる探偵が怪奇な事件の謎を解くミステリー。
ファンタジーとミステリーの調和が絶妙で、幻想的なムードが最高に好みでした。
事件そのものは陰惨なものなのに話がコミカルに進んでいくのは、津軽と鴉夜の漫才めいた不思議な空気のせいなのか。それとも津軽の噺家のような語り口のせいなのか。師弟の会話を楽しんでいるうちに気づけば読み終わってしまっていました。
推理そのものは論理明快で突飛なものはなく、ミステリーとしてもしっかりとした読み応え。
怪物同士のバトル要素もあり、これがなかなか面白かったのも嬉しい誤算でした。

☆あらすじ☆
吸血鬼に人造人間、怪盗・人狼・切り裂き魔、そして名探偵。異形が蠢く十九世紀末のヨーロッパで、人類親和派の吸血鬼が、銀の杭に貫かれ惨殺された……!? 解決のために呼ばれたのは、人が忌避する“怪物事件”専門の探偵・輪堂鴉夜と、奇妙な鳥籠を持つ男・真打津軽。彼らは残された手がかりや怪物故の特性から、推理を導き出す。謎に満ちた悪夢のような笑劇(ファルス)……ここに開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

 

怪物が存在するものの、「駆逐ブーム」が巻き起こっている19世紀末ヨーロッパ。
そんな世界を舞台に、「怪物事件」専門の探偵として数々の事件の謎を解き明かしていくのが「鳥籠使い」と呼ばれる探偵・輪堂鴉夜と、その助手(弟子)である真打津軽です。

 

鴉夜の身体を奪い、津軽を半人半鬼とした謎の老人の行方を追いながら、ヨーロッパを旅し事件を解決していく「鳥籠使い」。
彼らが扱う事件は吸血鬼や人造人間が絡む奇妙な事件ばかりなのですが、ファンタジーな舞台に映えるミステリーとなっているのです。
怪物の特殊性が事件の見た目をとても奇妙なものに仕立てあげるものの、鴉夜の手によって暴かれる真相はとても理屈に合っていて、その思考の道筋も理路整然としたもので読み応えを感じました。

トリックについては人造人間の事件で意表を突かれました。狂気的すぎる・・・・・・。

 

期待以上に面白かったミステリーパートのほかに物語を盛り上げるのは、キャラの魅力と怪物バトル。

 

キャラはほんとに魅力的。

津軽の噺家みたいな口調は、読みながら脳内でリズムを刻んでしまっていましたw
小咄もなかなか粋だったと思うんですよね。鴉夜たちの評は「寒い!!」とボロクソでしたが。

鴉夜も可愛くて好みなヒロイン。まぁ首だけなんですけど。そして生首ネタめっちゃ多いw楽しいww

津軽と鴉夜の掛け合いも軽快で楽しかったです。静句が混じるとなお騒がしくなって良し。
それにしても津軽の寿命を延ばす方法って・・・・・・生首と・・・・・・?((((;゜Д゜)))))))

 

テンポの良い会話と、明快にスカっとする推理の後は、津軽による肉弾戦
バトルパートは予想以上に作品を盛り上げていたと思います。
やっぱり怪物が出てきたら闘わせないといけないですよね←
津軽が強すぎて格好いい!
そして静句も強い・・・・・・!何者なのでしょうか?

 

他にも推理小説の古典的名作のアレコレをオマージュ、というかそのまま持ってきているところも面白かったです。
灰色の脳細胞といったらポアロですっけ?なぜ彼だけ名前を伏せたのか。
ホームズやルパンは名前がしっかり出たことですし、そのうち登場するのかもしれませんね。名探偵たちの豪華な共演が期待できそう。
あと「M」については予想が当たったのですが、それでも「教授」と聞くとテンションが上がってしまいますw 対決が楽しみ!

 

楽しくて面白い作品でした。2巻にも期待しています!

 

余談。
この作品、公式サイトによると漫画化が決定しているそうですが、作画は表紙と同じく大暮維人さんなのでしょうか。もしそうなら超読みたい。

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。