東京レイヴンズ14 EMPEROR.ADVENT

『東京レイヴンズ14 EMPEROR.ADVENT』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★★

東京レイヴンズ (14) EMPEROR.ADVENT (ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ (14) EMPEROR.ADVENT (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年12月刊。
難産だったらしい第14巻。それも納得の濃厚な1冊でした。
読み応えも抜群で、終盤あたりは涙ぐむ一幕も。
大変動というべき転換点を迎え、一体どんなクライマックスを迎えるのか続きが楽しみで仕方ありません。
が、それはさておきシリーズを最初から読み返したい。これを踏まえて読み返さねばならない!

☆あらすじ☆
カウントは、ついにゼロへ――
示された相馬の悲願と多軌子の力。春虎に語りかける祖霊の導き。敵の手に落ちた『月輪』。仲間と共に策を練る夏目。動揺にざわめく十二神将。すべては上巳――運命の日に向けて、収束していく――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 東京レイヴンズ14 EMPEROR.ADVENT

続・英国パラソル奇譚1 プルーデンス女史、印度茶会事件を解決する

『続・英国パラソル奇譚 プルーデンス女史、印度茶会事件を解決する』(ゲイル・キャリガー著/川野靖子訳/ハヤカワ文庫FT)★★★★☆

プルーデンス女史、印度茶会事件を解決する (続・英国パラソル奇譚)
プルーデンス女史、印度茶会事件を解決する (続・英国パラソル奇譚)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前作「英国パラソル奇譚」シリーズの感想はこちらから


2015年12月刊。
スチームパンク冒険活劇「英国パラソル奇譚」シリーズの待望の続編。
前作主人公の娘である主人公が優雅に(?)空を旅し、インドに降り立ち、新種の紅茶を巡る複雑怪奇な事件に挑む物語です。
前作の登場人物がたくさん登場しますし、意味深に過去の話に触れたりするので前作を読んでいないとツラいかも(ソフロニア嬢シリーズは未読でも大丈夫でした)。
アレクシア女史のワンマンプレーが印象的だった前作と異なり、今作のプルーデンスは幼なじみたちと一緒にチームとして動きます。
仲間と乗り出す冒険!という点だけみても、前作とは異なる魅力がある作品だったと思います。
彼らの旅路は賑やかで機知に富んでいて、そして好奇心を刺激する謎に満ちたものでした。とても面白かったです!

☆あらすじ☆
吸血鬼や人狼らと人類が共存する19世紀の英国。悪名高き〈魂なき者〉アレクシアを母に持つレディ・プルーデンスは、養父の吸血鬼アケルダマ卿からインドでの紅茶調査任務を依頼される。素敵な飛行船に乗り込んで向かった先で、彼女とお仲間たちは、当然のように未知の異界族がらみの国家を揺るがす大事件に巻きこまれてしまい……? 恋に冒険にキュートなレディが大活躍。痛快ヒストリカル・スチームパンク、新章開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 続・英国パラソル奇譚1 プルーデンス女史、印度茶会事件を解決する