北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし2

『北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし2』(江本マシメサ著/宝島社)★★★★☆

北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 2
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 2

前巻の感想はこちらから


2015年12月刊。
お試し夫婦の雪国スローライフ小説第2弾。
今回も読み応えたっぷり砂糖たっぷりでとても面白かったです!
嫁が好きすぎて生きるのが辛いリツさん、可愛いなーもー⁽◝( •௰• )◜⁾⁾≡₍₍◞( •௰• )◟₎₎ŧ

☆あらすじ☆
雪国の辺境で一年間のお試し婚を始めた、妖精系貴族・リツハルドと猛禽系イケメン女子・ジークリンデ。季節は巡り、極寒の地にも春が訪れる。縁溢れる森の恵み―キノコと燻製肉のソテー、釣りたて魚フライにトナカイ肉のスープ、各種ベリーはパイ、ジャム、お酒にも―賑わう食卓に心浮き立ち、雪解けと共に奥手な二人の距離もゆっくりと縮まっていくが…突然来訪したリツの祖父・アーダルベルトは見抜く、「遠慮をしているから仲も深まらないのだ!」そして村では、もう一組の異文化カップル、アイナとエメリヒの恋も急展開!?狩りと食事と、恋心。ハンティング型スローライフ、待望の第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし2