機動執事 とある軍事ロボットの再就職


『機動執事 〜とある軍事ロボットの再就職〈セカンドライフ〉〜』(松山剛著/電撃文庫)★★★☆☆

機動執事 ―とある軍事ロボットの再就職― (電撃文庫)
機動執事 ―とある軍事ロボットの再就職― (電撃文庫)

2015年12月刊。
元軍事ロボットの執事と、彼に恋したお嬢様の空回り系主従ラブコメ。
王道な可愛いラブコメですが、その裏にあるハードボイルドな空気が良いアクセントになっている作品でした。
もうちょっとシリアスに寄せてくれても良かったのですが、これはこれで軽く楽しめたので満足です(*´∀`)

☆あらすじ☆
リーゼロッテお嬢様は、私・ベルンハルトが敬愛する主人。容姿端麗な才女だ。しかしなぜか近頃、私と話すときの反応がおかしい。主にお顔周辺の体温の上昇と、心拍数の増加が認められ、またご友人から勧められた「少女マンガ」なるものを熱心に読みふけっていらっしゃるご様子。最近では食パンをくわえて屋敷の角で待機するなど理解し難い行動も目立ち始めた。一体どういうことなのか―。まあそんなことは二の次だ。彼女を守ること。それはかつての上官から受けた“最期の命令”。あらゆる機械を操り、我がものとする『魔人』の力を駆使し、必ず任務を遂行してみせる。

以下、ネタバレありの感想です。

 

元軍事ロボットでありながら、上官の最期の命令を遂行するため、彼の娘であるリーゼロッテの執事ロボットとなったベルンハルト
しかし最近になってベルへの恋を自覚したリーゼの不可解な行動に、ベルは困惑する一方で・・・・・・というストーリー。

 

才女だけど恋愛はさっぱりで、友人に唆されるまま少女漫画で勉強するリーゼが可愛すぎましたw
しかし参考にしてる少女漫画から感じる古臭さは一体・・・・・・いや舞台は未来だし一周回ってトレンドなのかも(;`・ω・)
リーゼとフローラの箱入り妄想お嬢様っぷりにほのぼのしました。

 

そんな彼女達の空回りな頑張りが、ロボットであるベルに伝わるわけもなく。
EPA値を弄ればロボットも恋ができるようですし、この世界でロボットに恋をすること自体は(少数派であっても)そこまで異質ではないようなので、あとはベルだけの問題のようですね。
「ロボットに心はあるのか」というSF的な感じには進まないようですが、さてベルは恋をすることができるのでしょうか?

 

ベルとリーゼのラブコメについては王道ながらも軽く楽しめましたが、それ以上に気になったのは物語の世界観。
軍事ロボットの存在の是非が問われている戦後を舞台にして、主人公が軍事ロボットであり、ヒロインが軍事ロボット排斥の旗印となっているというのはなかなか面白い設定だと思います。
ベルの秘密がバレてしまうと悲劇になってしまいそうですが、今回はウヤムヤになってしまったので残念。
ぜひそこらへんを続刊で掘り下げてほしいものです。

 

それと、平和な戦後の世界を脅かす存在も気になります。
敵対組織「影」についてはまだ顔見せ程度な感じでしたが、ロボットの叛乱とかそういう話に発展したりするのでしょうか。

 

おそらくシリーズ化前提の1冊ですので、2巻を楽しみに待ちたいと思いますヾ(*˙︶˙*)

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。