機動執事 とある軍事ロボットの再就職

『機動執事 〜とある軍事ロボットの再就職〈セカンドライフ〉〜』(松山剛著/電撃文庫)★★★☆☆

機動執事 ―とある軍事ロボットの再就職― (電撃文庫)
機動執事 ―とある軍事ロボットの再就職― (電撃文庫)

2015年12月刊。
元軍事ロボットの執事と、彼に恋したお嬢様の空回り系主従ラブコメ。
王道な可愛いラブコメですが、その裏にあるハードボイルドな空気が良いアクセントになっている作品でした。
もうちょっとシリアスに寄せてくれても良かったのですが、これはこれで軽く楽しめたので満足です(*´∀`)

☆あらすじ☆
リーゼロッテお嬢様は、私・ベルンハルトが敬愛する主人。容姿端麗な才女だ。しかしなぜか近頃、私と話すときの反応がおかしい。主にお顔周辺の体温の上昇と、心拍数の増加が認められ、またご友人から勧められた「少女マンガ」なるものを熱心に読みふけっていらっしゃるご様子。最近では食パンをくわえて屋敷の角で待機するなど理解し難い行動も目立ち始めた。一体どういうことなのか―。まあそんなことは二の次だ。彼女を守ること。それはかつての上官から受けた“最期の命令”。あらゆる機械を操り、我がものとする『魔人』の力を駆使し、必ず任務を遂行してみせる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 機動執事 とある軍事ロボットの再就職

魔法師グリーシャの騎士団2 魔獣の召喚者

『魔法師グリーシャの騎士団2 魔獣の召喚者』(リー・バーデュゴ著/田辺千幸訳/ハヤカワ文庫FT)★★★★☆

魔獣の召喚者 魔法師グリーシャの騎士団
魔獣の召喚者 魔法師グリーシャの騎士団【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2014年9月刊。
大きすぎる力を得た少女の波乱を描くファンタジー第2弾。
読むほどに気が滅入る厳しく苦しい展開の数々。しかし面白すぎてページをめくる手が止められないのです・・・・・・。
アリーナの運命は一体どうなってしまうのでしょうか。彼女の恋の行方も気になって仕方ありません。

☆あらすじ☆
〈影溜まり〉で〈闇の主〉(ダークリング)とその軍団の追撃をかわしたアリーナとマルは、〈真海〉を渡りノヴイ・ゼムに逃れた。だがようやく安全になったと思ったその時、再び捕われの身に。二人を乗せた海賊船はなぜかラヴカ国ではなく、北の海に向かった。アリーナのためにさらなる増幅物「海竜の鱗」を手に入れるのだと〈闇の主〉(ダークリング)はいう。果して伝説の海竜ルセイユは本当に存在するのか? そして「鱗」の持つ力とは? 待望の第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法師グリーシャの騎士団2 魔獣の召喚者