落第騎士の英雄譚9


『落第騎士の英雄譚〈キャバルリィ〉9』(海空りく著/GA文庫)★★★★★

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)9 (GA文庫)
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)9 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
七星剣武祭編完結。
交わした約束が果たされる瞬間を心待ちにしてきた甲斐がありました!!
これぞ最高の殺し愛。予想をはるかに上回る素晴らしい一戦。本当にお見事でした。
シリーズはまだ続くようですが、大きな区切りとなった重要な1冊。
ここまで読んできて良かったなぁという満足感と、今後の展開もますます楽しみだという期待で胸がいっぱいです。

☆あらすじ☆
七星剣武祭決勝戦当日。一輝は最愛の恋人にして最強のライバルでもあるステラとの一戦に向け、最後の調整を行っていた。そんな彼の前にスパーリングパートナーとして現れたのはこれまで彼が戦ってきた実力者たち! ≪雷切≫、≪七星剣王≫そして≪風の剣帝≫。錚々たる面子を前に≪無冠の剣王≫は自らの牙を極限まで研ぎ澄ませていく!!
「騎士の頂を巡る最後の戦いで、――――僕は君と戦いたい」
かつて交わした約束は、いま現実のものとなり、大会史上最も苛烈で過酷で美しく、そして泥沼のような戦いが幕を開ける!果たして誓いの先に待つ運命は!?
≪最強≫と≪最弱≫、雌雄を決する第九弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

まずはボスラッシュ的スパーリング。
模擬戦として短めの連戦でありながら、雷切や諸星の強さがひしひしと感じられるのは流石です。
特に会長はやっぱり強かったんだよなぁ、と。いつか万全のコンディションのもとにもう一度全力で戦ってほしいけれど、無理かなぁ。
あと王馬のツンデレに笑いましたw おにいちゃんww

 

そしてついに迎えた決勝の舞台。
シリーズの最初に戦った強敵であり、それからずっとライバルであり続けた一輝とステラ。
一輝はもちろん初期より強くなってはいたものの、対するステラが人間をやめかけていたので勝敗の行方にひたすらドキドキしていました。

それ以上にワクワクと楽しみにして待ち望んでいたこの一戦。

 

本当に素晴らしかった!!

 

最高の敵を相手に全力を振り絞る一輝と、一輝以上に一輝を評価して全力で迎え撃つステラ。
絶技の応酬に心が躍り、剣戟の中ですら前へ前へと進む二人の姿に胸が熱くなりました。
誰よりも傍にいたふたりだからこそ、誰よりも互いを知り尽くし、誰よりも強い敵として向き合えるんですよね。
「最愛の恋人にして最強のライバル」というこのシリーズの一番の魅力が凝縮された壮絶すぎる戦いの様相に鳥肌がたちっぱなしでした。

 

そして、突き進む進化の果てにたどり着いてしまう限界。
あそこで「アイデンティティ」と「覚醒の無意識」が頭をガンガン鳴り響いていたのは私だけじゃないはず(注:アニメのOPとカップリングです。落第ファン必聴)
これ以上熱くなれるのか!!!ってくらい熱い熱いクライマックスでした(´;ω;`)

 

心の限界を突破させたのは一輝自身の人生で、力の限界を突破させたのはステラへの熱い想いだというのが・・・・・・もう・・・・・・
萌えと燃えを同時に繰り出されるとローリングだけじゃ足りなくなるんですけど!どうすればいいの!!

 

どこまでもステラと「共に」在るのは自分だと、いつだって彼女の前では一番格好いい自分でいたいのだという、あまりにも強く鮮烈な想いに震えが止まりません。

 

それに応えるステラも本当に格好いいし美しい。
ラスト1合にかける想いを交わし合うシーンとか、本当にもう言葉もないです。

 

あああ最高だった・・・・・・!!

 

なんて高揚感のある熱い試合だったのでしょうか。海空先生の渾身が伝わってくる素晴らしい一戦だったと思います。

 

 

そんな激戦を終えて。

 

あれえええええ?????(((゜Д゜;)))

 

おかしいな。私この前アニメ9話を見て、「やっぱり一輝は古風だけどしっかりしたイイ男だ!」とうんうん頷いてたのに?
あれー??ご両親への挨拶はー???

 

まぁ試合中に文字通り命がけで愛を叫びあったわけだし、この展開は仕方ないですね。死んだなら仕方ない。 病室だけどな!
それよりもステラの用意の良さに大爆笑でしたwwやっぱり淫乱皇女じゃないか!!
さらにしれっと「夜の一刀修羅」が原作逆輸入されてて、もうホントお腹痛いww

 

 

始終燃えて、最後は盛大に笑える良い最終巻でした。

 

いや終わらないんですけど。
あとがきの海空先生の決意と覚悟に感動。

 

もちろん私はまだまだ付き合いますよ!
だってヴァーミリオン皇国訪問編でついに一輝がステラ両親とご対面とかめっちゃ面白そうですしw
それにエーデルワイスや総理の動向も気になりますしね。チラッと見えた次なる敵も。

 

次巻から物語の舞台は世界へ。
とても楽しみです!(*゚▽゚)ノ

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。